たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

涼しげな目元

買っちゃた…
Lavshucaのサマーコンパクト010.gif

b0018162_20561470.jpg


限定商品が出ることは知ってました。
お手ごろだし、夏らしい色がそろってるし、いいなぁ…と思ってたのですが、
久々にドラッグストアに出かけたら、なんと、売り切れてるじゃあーりませんか!!
そうなると、物欲番長の名にかけて、欲しくなっちゃったんだなぁ・・・

他のドラッグストアで見つけて、ソッコー、レジ行きでした。
まあ、かわいいお値段だし、ま、いっか037.gif
レジのお姉さんにも、似合いそうですよ!!っていってもらえたし・・・(←うれしい)
日ごろハイライトか茶系しか使ってないから、気分を変えて、夏を迎えましょ053.gif

こっちはもらったヘレナのサンプル。

女優肌になれるんだよ!!by友人B
b0018162_2135879.jpg


最近のファンデはすごいからねぇ・・・
試させて、いただきます。

楽しいねぇ010.gif
[PR]
by jeepway | 2008-04-29 21:08 | 美容と健康

男前☆山伏岳

昨日、里山登山に行ってまいりました。
静岡安倍奥・山伏岳(やんぶしだけ)。

一言で言うなら、男前☆,、な山。

連れられて、下界と少々離れた、涼しげな風が吹く梅が島へ。
一足先に登り始めた人が、意外と多くてびっくり。
えっちらおっちら登り始めました。

「ここっすか??007.gif
いきなり現れた登山口から入って、突然、てか始めから激上り坂。
と思ったら、激下り。
沢を越えて、そこからひたすら激上り、ただの上りじゃなくて、激上り。

青空が見えた~!!
なんて思ったら、また激坂。
思わせぶりな坂がいくつあったことやら…

緩やかな坂に出たと思ったら、目の前にはつづら坂。
びっくりしたよ。
思わず、(キャロル・キングはつづり織り…)なんて思ってしまった。

そしてそして!!
数々の激坂・思わせぶりな景色を乗り越えて、出てきた景色は、

003.gif雪野原!!003.gif
b0018162_1357215.jpg


びっくりしたよ、ほんと。
だってここは静岡だよ。
しかも、積雪50cmはいってたよ。

頂上は、
あの激坂からは思いもよらないほど、広い、平地の、雪原。

あんなに苦労させて、
あんなに思わせぶりな景色を見せて、
笑っちゃうような坂を登らせて、
この頂上かよ!!

かなり、男前だと思いました。

お昼は雪の上にビニールシートをひいて、カップヌードルをいただいた。
雪の上を通る風は、ひんやりと涼しくて、食後のあま~い、あったかいチャイが、疲れた身体にぎゅーっとしみ込んだ。

澄み渡った空の向こうには、雪を頂く南アルプスが悠然とそびえていた。

感動の山頂からの下山は、
やっぱりこの雪原を渡らなくてはいけなくて、上りの高揚感とは反対に、そりゃあもう、つらく切ないものだったよ・・・
温暖なこの土地に生まれた私は、雪といったらスキー場、のそれしか見たことがなく、雪原を歩くことは苦痛以外の何者でもなかった。
平坦なところでも、一歩足を進めれば、50cm雪に埋もれ、人の足跡をたどれば、つるんと足がすべり・・・
「雪はこりごり!!」
ほんと、上りの高揚感とは全く正反対。

激坂を登ったからには下らなくてはならず、よくこんなとこを登ったもんだとばかりに、出てきたコメントは、
「笑うしかない!!」017.gif
ついでにひざも大笑い。

やっとの思いで帰ってはきたけれど、でも、やっぱり、惚れてしまった。
いやぁ、男前だね、山伏岳。049.gif

締めはやっぱり、黄金温泉!!
アロエ塩をがっつりすりこんで、ぬるぬる湯に浸かって、
幸せいっぱいの登山でした。003.gif

つでに帰ってからの生は、やっぱりサイコー049.gif
[PR]
by jeepway | 2008-04-28 14:22 | 日々徒然

人のセックスを笑うな

そういえばあたし、ブログあったよなぁ…
久々にここに顔を出してみました。
さて、先日観てきた映画、「人のセックスを笑うな」。

率直な感想は、
ユリになりたい!!
永作さん、あんたほんと魔女だよ…
外面的にもだけど、内面的にも、あたしがこうなりたい女性がそこにいたような気がします。

そして、みるめに惚れられたい!!
純粋で、嘘がつけなくて、若さって素晴らしいって思える青年でした。

<以下、ネタバレあり>
39歳には見えない外見←温水さんがいい比較になってる
ちっちゃい身体←松山ケンイチがでかすぎる
でもってちら見える女の色気←至る所に散らばってる
無邪気な気持ち←触ってみたかったんだもん!!、ってあんた…蒼井優じゃなくても怒る
クールな理性←あたし、行くね
やさしくて、面白い!?信玄餅好きなだんな←個人的に大好き

今のあたしは、年齢も性別もユリの方が近いから、どうしてもユリの方に肩入れしてしまうけど、こういう気持ちって誰でも、少なくともあたしは胸に持っている。
ただそれを、素直に表現できて、現実がついてくるかってっていったら、これはやっぱり小説だけど、
いやいや、こんな回りくどいことどんなに書いたって伝わらない。

要するに、あたしはユリになりたい!!

でもって、みるめがとってもかわいいんだな(この辺が年増女のコメントっぽい)。

ユリに恋をして、
でもこんなちっちゃなユリなのに、決して自分の腕には収まらなくて、歯がゆくって切なくって、会いたくって会えなくて、どうにもこうにもどうにもできないのが明らかにわかって、
なのに、でも、どうしてもユリが大好きで

で、えんちゃん(蒼井優)はそんなみるめが大好きで。
そんで、もう一人の男の子はえんちゃんが大好きで。

ユリが円の中心で、どーーーん、としてるところで、
みるめがぐるぐる、えんちゃんもくるぐる、男の子もくるぐる

そんなイメージが湧いた映画でした。

ただ、みるめの暴走が長くって、途中で寝ちゃいそうになったのは、ご愛嬌。

恋って、いいなぁ、と再確認した。
[PR]
by jeepway | 2008-04-25 23:19 | 読書/tv/映画