たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

素敵

旅行の写真を整理してたら、我ながら素敵な写真が撮れていました。

b0018162_2311776.jpg


ポーランドのクラクフ、ヴァヴェル城の大聖堂です。

この日クラクフに到着後、宿を探し、荷物を置いて街に出た(追い出された)のは15:30。
街には、雪がしんしんと降りつづけていました。
翌日の夜の電車でウィーンに戻らなくてはならなかったので、着いた日のうちに街を回ろうと思っていたけど、ウィーンよりも更に、そして予想以上に寒い!!城よりも、街よりも、何よりも何よりも先に、とにかく寒い!!が先に発ち、城に行き着く前に、一生懸命カフェを探して、避難をしてしまった。
少々身体が温まり、冷静になった私。考えてみれば滞在日数は極端に短い。

今日行かずにいつ行く!?
(Tomorrow is another day...)

意を決し、ヴァヴェル城に向かった私。冬場なので、大聖堂が15:00にしまってしまうことはわかっていた。今回は敷地内に入れればいいや、と思ってえっちらおっちら坂を登って行ってきた。
夜のとばりが訪れるまでの数分間、薄闇に浮かぶ大聖堂、と降りしきる雪との競演です。(言い過ぎ??)

ちなみに、場内入場は17:00までとは知らなかったので、うっとりこんな写真を撮ってたら、警備員のおじさんに、けーれけーれと追い出されてしまった。しかも裏口から…どうやって街に帰るんだ!?と少々途方に暮れたけど、何とか夕飯にありつけました。
[PR]
by jeepway | 2005-02-28 23:24 | 旅行

ショック…

先日大人買いした漫画、はまってます。


で、
タイトルは、  ”のだめ カンタービレ   っていうんですが、
今日まで、  ”のだめ カンビターレ”   だと思ってました……

前からうすうす気づいてましたが、私、どうやら横文字に、弱いようです…
先日の夢に便乗して、切なさ倍増…

ちなみに、
”カンタービレ” は ”歌うように!!” という意味です。
(ラテン語系の単語でしょう…確かポルトガル語で”歌う”が”カンタ”だったような気がする…)

カタカナ変換も一発で出てきたので、メジャーな言葉なんでしょう。
(カンビターレは出てこなかったので、私の勝手な造語でしょう…)

ちょっと、こんな自分自身にショック…
[PR]
by jeepway | 2005-02-26 01:09 | 言葉

テーマ?

今週から新しい職場に勤務し始めた。
謎の多い会社だが、なんとかやっている。

その中で、初日、まず最初に気になったこと、それは事務所の横の倉庫から聞こえてくる、軽快な電子音…

♪チャラララ ランラン ランララ ランララ ララ ランララ ララ ランランラン♪

事務所の人々は、黙々と、あるいはがやがやと仕事に話に励んでいる。
そんな中、頻繁に聞こえてくる陽気な(?)電子音。

(何の音なの?????)


しかしそのことについては誰も何も言わない
しかし、頻繁に流れるこのメロディー、察しのよい(おいおい)私は、倉庫で動かしているクレーンが鳴らしている音ではないか?との推測に至った。
だが人見知りの私は、初日、この音について、誰にも何にも言うことはできなかった…

翌日も、朝から音が鳴っている。

♪チャラララ ランラン ランララ ランララ ララ ランララ ララ ランランラン♪

鳴り出したかと思えば突然止まり、また鳴ったかと思うとなかなか鳴り止まない。
気になって気になって仕方がない!!!

思い切ってこの想いをぶつけてみた。
曰く、
”クレーンが動いてますよ~”の音だよ。わたしもね~最初気になってしょうがなかったんだけど、そのうち慣れるよ~

慣れる!!??この音に!?

イヤだ------------!!!!!


出社から丸4日、この音が、車の中でも家の中でも頭の中にこびりついて離れません…
[PR]
by jeepway | 2005-02-24 22:12 | 日々徒然

安心??

旅行から帰ってきて安心したこと。

どこへ行っても、言葉に不自由がない。
旅行中は、殆ど英語(他、ドイツ語・チェコ語・ポーランド語)。
私は、どの言語も、たいへん不自由だ。

帰国便で、日本語のアナウンスを聞いたときには、正直、安心した。
旅行中はどんなことだって、英語で言わなくちゃならなかったし、聞かなくちゃいけなかったから、言語に関しては、結構いっぱいいっぱいだった(毎度のこと)。

その安心感からか、帰国後、困った現象に見舞われた。

夢をみるのだ。


私は、何かを言われているのだが、何を言われているのかホントにさっぱりわからない

何語なのか。
内容は何なのか。
見当もつかない。


相手は一人か二人か…?
オーストリアで出会ったおせっかいおじさんのクリスに似ているのだが、クリスは英語をしゃべってくれた(オーストリアはドイツ語)。英語だったら、少しはわかるはずなのに、英語かどうかすらわからない。
内容は、どうやらこの土地についてのようだが、知った地名もでてこない。

ここはどこで、何を話しているの!?

どうしようもなくテンパってきたところで、目が覚める。


これって、結構怖かった
帰国後、3~4日見たなぁ。
長い旅行をすると、たまに途中から英語の夢を見たことはあったけど、ちんぷんかんぷんは初めてだった。

勉強しろってことか??
[PR]
by jeepway | 2005-02-24 20:25 |

大人買い

昨日、大人買いしてしまいました。

ずーっと、読みたかった漫画
11巻、まとめてお買い上げ。

あぁ、大人になったなぁ…
[PR]
by jeepway | 2005-02-24 20:09 | お買い物

安息の朝食

休日の朝食は、パンに限る。
平日は、3食ともに米派の私ではあるが、休日となれば話は違う。

さて、休日に私が食べる”パン”のうち、7割近くは食パンが占めている。なぜなら、「自宅に何故かいつも装備しているから」であるが、母曰く、「あんたが食べるんでしょ!!」って、そうなの??

で、まあ、いいとして、
この食パンの食し方、私は9割以上が、”パズーパン”(jeepway勝手に命名)。

突然何を言い出すんだろう、この人は、と思うでしょう(私もそう思う)。

まあ、かいつまんで言うと、
この食べ方は、私が大好きな映画、『天空の城 ラピュタ』の中で登場するのだ。
地下に落ちた(?)パズーとシータは、そこでじいさん(?)に会い、パズーのポケットから取り出した卵で目玉焼きを作り、食パンに乗せて食べるのである。
「パズーのポケットからは何でも出てくるのね!!」と、シータが感動したあの場面。
(記憶が少々曖昧なのはご愛嬌…)

あれは、うまそうだった~

食パンに、むしゃっとかじりつき、目玉焼きをぺロッと口に放り込むみもりもりパンを食べる姿は、幼かった私のハートをわし掴みにした。

(あんな食べ方があるんだ~)

以来、料理嫌いな私が、休日の朝にだけ作る”パズーパン”。

半熟固めの目玉焼きが好みの私は、絶対!!ターンオーバー(でも半数以上は失敗…)。時にはベーコン乗せたり、トマトソースを塗ってみたり、きのこソテーを乗せてみたりと(かなり少ないが)バリエーションもある。

”食パンの上に目玉焼き”のパズーパンという、幼いころの夢のかけらが、大人になってもずーっとずーと輝きつづけている。

休日の朝、安息の時間のひとコマでした。

余談:母曰く「乗せなくても、いいんじゃない??」無視!!!(怒)
[PR]
by jeepway | 2005-02-21 23:30 | 食べもの

強烈な理性

昨日、無事海外から帰ってまいりました。

確かに寒かった中欧諸国。
でも、日本に帰っても、寒い冬、って事実に変わりはないので、暖かさは感じませんでした。どっちかって言うと、建物内完全暖房の中欧から帰国した私には、我が家の自然温度が寒すぎて、帰国後のほうが、寒さをより、感じています。

最終宿泊地から我が家までの移動、待ち時間も含め約29時間
私の体質・性質から、移動中に満足の行く睡眠をとることは、とっくの昔に諦めている。今回もこまぎれの睡眠をぼつぼつとっただけで、かなりのへろへろの極限状態で16:00、ようやく自宅へたどり着いた。

だがしかし!!
すばらしきかな、私の理性は、感情も欲望をも押さえつける力を持っていた。

身体は睡眠を、休息を、ものすごーく!!求めていた。そんななか、理性は静かにこういった。

「こんな時間から寝ちゃったら、時差ぼけが治らないよ~」

そう、来週早々から出勤開始の予定。
早くも通常モードに戻った私の理性は、
”新しい職場で初日からあくび連発はいただけない=体調を整えるにはこの週末しか余裕はない”
このような、冷静な判定を下した。

果たして、私の理性は、身体中から発している”寝たい”という欲望を、実にあっけなく却下したのである。

眠りに落ちることが許されなかった私(の身体)は、両親を前に、マシンガントークを続けた。心身に負担のかかる”片付け”は後回しにする(私にとって、この作業がかなりの労力を必要とすることはわかっていた)。
眠さ、を乗り越えると、異常にテンションが上がるものである(私の場合)。私の理性は”眠ってよし!!”の信号を出すまで、私に横になることすらゆるさなかった。
(こういった状況の私に付き合ってくれる人々に心から感謝しています…)

私の理性が”眠ってよし!!”信号を出したのは、10:00PM。
ころん、と横になった私に、両手を挙げて喜んだ私の欲望は、実にあっけないほど当たり前に、眠りの世界に落ちていった…

次に目が覚めたのは、本日12:00PM。そこからも、二度寝・三度寝を繰り返し、もぞもぞとベッドを這い出したのは15:00PM。
もしかしてこれって、通常の休日モード!?

今日も早めに寝ておこう!!
[PR]
by jeepway | 2005-02-19 21:36 | 感情

寒すぎる

さて、wienです。
プラハからちょろちょろ移動して、ここまできました。得てして、ヨーロッパの建物たちは、なにせでかい、で、ゴージャス!!これに尽きて、どこもかしこも、有名無名問わず、圧倒される思いで毎日過ごしています。

そして、寒い!!
プラハではすでに日中でもマイナスにしかならなくて、吐く息は白いし、靴の中はかちこちで、手袋をしないと、東証になるんじゃないかと思うほど、寒いです。
でも、北海道と同じくらいの位置だから、単に私が静岡人っていうせいもあると思うんだけどね。。。

次の、チョスキークロムロフってとこに行くっていったら、宿の人は、寒くて平日だから、バスと宿の心配は要らないよっていったんだけど、さらに寒いの!?と思いましたが、さらに寒かったです。夜は、外に出れませんでした。

ウィーンは、さらに南だから少々暖かいかと思いきや、マイナスなら、どこも同じですね。寒いです。でも、今日は雨が降ったので、マイナスにはならず、気持ち暖かい気がします。

あー、日本に帰ったら、なんて暖かい国なんだろう…と思うんだろうなあ…

ウィーンフィルのコンサートなんかはやってなかったんだけど、6ユーロでアムステルダムオーケストラの立ち見があるってどうしましょう???
2時間の公演、立ちっぱなしはつらいと思うんだけど、なにせ、フルオーケストラが6ユーロ。
毎日毎日、やることがなさそうでありそうで、なんとなく、毎日が過ぎ去っていきます…
[PR]
by jeepway | 2005-02-12 03:28 | 旅行

さて

明日、出発です。
ヒジョーに寒いところへ行くので、そっちがかなり不安です。
今回、荷物が増えるかなぁ…と心配してたのに、やっぱり思った以上に少なくて、トランクが半分空いちゃいそうなんだけど、忘れ物はないかしら??

なあ、文明国だから、大丈夫だと思うんだけどね…

それより寒さだよ…

最近の強気な姿勢で行ってみようと思います。
[PR]
by jeepway | 2005-02-03 23:45 | 旅行

ハウルの動く城

でもって今日は”ハウルの動く城”

これもよかった~
宮崎アニメってなことで、少々構えて行ったんだけど、よかったなぁ…
ラピュタみたいな感じ。

昨日、あまりにも切ないラブストーリー(オペラ座の怪人)を見た後なので、今日のロマンティックなラブストーリー(だよね?)でとても幸せな気分にさせてもらった。

ソフィーのあまりにも、おい、って突っ込みたくなるようなポジティブなところが、物語をきゅきゅっと引き締めて、つい暗くなりがちな自分を少々反省しつつ、こうできたらいいな、こうしていきたいな、って思ってしまった。
そして、ほんと、かっこよすぎるハウルが、キムタクのちょっと気取った声に合っていて、本心が見えないハウルが出来上がったんだと思う。

今日は、感想短いけど、よかったんだよ。
難しく考えさせられる話じゃないようだけど、きっと、私の中では長く観られていくものだと思う。純粋なラブストーリーは普遍的なものだしね。ラピュタがNO.1の私には、これも一番か二番になって、ずーっと好きでいられる話だと思った。

誰かを好きになるっていいなぁ、と思う映画でした。
[PR]
by jeepway | 2005-02-03 23:41 | 読書/tv/映画