たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー

<   2004年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

大変です!!


隊長(誰?)!!大変です!!

先程のブログでも書いたが、街はクリスマス一色。コンビ二の例外ではない、っていうか、先頭に立っている。ここのコンビ二は、その鏡のような存在で、静岡市街にあるコンビニの中でも1,2を争うディスプレイを施している
ここも、11月に入ってから、レジカウンターにはサンタがぶら下がっている

そして今日はそう、11月の第三木曜日、そう、ボジョレ・ヌーヴォ解禁日なのだ。
コンビニのクリスマスディスプレイにボジョレ・ヌーヴォが乱入している…

この画像、例のコンビニの入り口付近。
見えにくいが、見れば見るほど大変なことになっている

サンタがいたであろう場所には、ボジョレを表しているのか、ブドウと樽のイラストが取って代わり、おそらくツリーであった木には、紫(これもボジョレの色のつもりだろう)のモールが飾られている

おいおい…

画像にとることはできなかったが、レジカウンターにはブドウと樽の例のイラストが、サンタと交互にぶら下がっていた。

おいおいおいおい…

現在、このコンビ二内には、クリスマスとボジョレ・ヌーヴォが同居している。近日、門松も登場することだろう…

もう、好きにして…
b0018162_2254087.jpg
[PR]
by jeepway | 2004-11-18 22:54 | 日々徒然

クリスマスに染まってる

まだ11月(もう11月、との説もある)だというのに、街の雰囲気はすっかりクリスマス
街路樹には照明が灯り、デパートではサンタやツリーがウェルカム。街の色調は、赤・緑・赤・緑にのみ込まれている。
まあ、それはそれでいいのだが、毎日そこを通る身としては、はいそうですか、で過ごすには少々気力が必要である。なにせ、勢いがあるのだ。(表現が難しい…)

いつの頃から,11月に入ったらクリスマス解禁、てな感じになったのだろう。
子供の頃には、こんなに盛り上がっていなかったはずである。せいぜい12月に入ってからであった。それが今では、1ヶ月も前倒し。10月末の”ハローウィン”などというイベントがメジャー化し、それが終ると、街は即”クリスマス”に変貌する。

何なんだ!?一体…!?

ときに私には、クリスマス解禁した街が、時に非常に目障り・耳障りになる
そう、私の誕生日は11月中旬である。
まかり間違って、プレゼントをいただける場合がある。
いくつになっても、プレゼントは無上の喜びである(時には試練にもなり得る)。

そんな時、私も一緒に現場に出向き、(これがいいなぁ~へへ…)なんて浮かれ気分で物色中。
「クリスマス用ですか???」
ちがいます~(ムカ)

これだと決めて、包装してもらうときにも
「クリスマス用ですか???」
ちがうっつーに!!(怒)

誕生日だよ!!この時期、誰もがクリスマスじゃないんだよ!!

店員さんに悪気はないだろう(あたりまえだ、あったら張り倒してやる)が、
この時期の贈り物=クリスマスプレゼント
こうとばかり考えてしまう商業主義もいかがなものだろうか…?

はぁ、硬く考えるときりがないわ。
だって、クリスマスが終れば、早ければ12月25日には門松が登場し、正月明けて7日が過ぎれば、バレンタイン…。
ひっきりなしにイベントはやってくる…

日本のイベント好きにも困ったものである。
私も、もろ日本人だけどね…
[PR]
by jeepway | 2004-11-18 22:17 | 日々徒然

決められない…

今年は、ツイードがはやってますねぇ。
ミーハーなjeepway、ツイードのスカートが欲しくなってしまいました。

仕事帰りにあっちへふらふら、休みの日にもこっちへふらふら。
「これだ!!!」一目ぼれをしてしまったものならいざ知らず、そうでないものについてはとことん熟考を重ねてしまう。
jeepwayのお買い物のルールとしては、「見れるだけみる!!」
吉とでるか、はたまた…?

いろんなお店をまわってきた。
どうもこれだ、に当たらない。
うーーーん…

なにがだめって、これだ!!と思わないのに、価格に折り合いがつかないところなのよね…

どっしよっかなぁ。
どうも、いまいちなんだよなぁ。
でも、欲しい!!だって女の子ですもの!!(強調)

気が多い私。
欲しいものも、”スカート”に変わりはないのだが、ディテールについてはその日ごとで変化していく。あっちにもこっちにも目が行って、いつまでたっても決められない

そんな時発見した無印○品のポスター
女の子がツイードのスカートをはいている。

あぁ~、いいんじゃない??

ディテールについては大目に見よう。
価格は、他で見ていたものの1/3。
ふーーーむ・・・


考え込む私の目に、飛び込んできた、別のデザインのスカート。
おっ!!!これもいいぞ・・・!!
こちらも価格は1/3・・・

どうしよう…(どっちにしよう、とも言う)

そこから先に進めない。
2枚とも購入したところで、最初の金額にもならない。

だったら両方買えばいいじゃん!!

だがしかし、決められない…
この2枚を知ってから、何度試着をしたことか!!

それが乙女(!)の難しいところなのだよ…
[PR]
by jeepway | 2004-11-17 23:43 | ファッション
先日激怒した例のバリケード、本日、通りかかったら、撤去されていた。

通れるようにして、工事は続行中である。

きっと、善良な市民から、多大な苦情が寄せられたに違いない!!

私は間違ってなかった!!!
[PR]
by jeepway | 2004-11-16 22:38 | 日々徒然

あの人は一体…?

毎朝通勤途中で見かける人がいる。
見かける、というより、いつもそこにいる。
地下道の、ある場所で、彼は正座をして本を読んでいる(多分)。

もう少し詳しく説明すると…
地下道のある場所で、駅とは反対方向を向き(つまり私の進行方向)、壁から1mほど離れたタイル張りの床に正座をして、本を床に置き、膝で腕を組み、かなり前かがみになって本を読んでいる(らしい)。
愛読書は不明。
しかし、私は断定する。

間違いない!!
あれは同じ本だ!!


彼は1冊しか持っていない!!はず。
その本は、かなり薄汚れていて、カバーはついていなく、2段組、A5サイズのものであることはわかった。そして、毎日同じようなところが開かれている。
さすがに、内容まではチェックできないが、私の推測に間違いはないだろう
毎日毎日、本に目を落としているフリをして、何かとてつもない使命を果たしているに違いない!!(ほんとか???)

もしや、これが、かの有名な”密偵”…?

時代を遡れば、鬼平犯科帳の梶芽衣子・蟹江敬三、黄門様の由美かおる、忍者にゾルゲ、MI6、スケ番刑事ではまたしても蟹江敬三!!
もしや、彼らに匹敵する、腕のよい密偵なのかも…!?

ないない、それはないけど…

地下道を行く人々を、じっと横目で観察し、闇の機関(あるいは市役所)に情報提供しているのかもしれない。実は私のことも観察し、見あたらないときには、どこか私の知らないところへ情報が流している街の情報屋かも…。(私の私生活が世間にどれだけの影響を及ぼすかは未知数である)

そして、セブンスターを愛煙。しかもボックス。(たまに変わるのは、見えない支援者が差し入れしているのだろう)
几帳面な性格なのか、吸殻は本の横に、整列されて並んでいる。
(地下道でタバコを吸う人が几帳面とはいえない気がする…)
そんなスモーカーは、なぜか、気管支が弱いと見え、ひっきりなしに咳込んでいる。

真夏には、熱気が篭もる地下道で、上半身裸になって本を読んでいた。
もちろん、上記のとおりに。
なかなかの身体を持った人なら許せるが、ねえ…歳のころは、50代だろうか…?
暑い上に、暑苦しかった。(いや、ホント…)

そしてこれから迎える冬。
去年の今ごろはどうだっただろうか?
記憶が曖昧だが、一時期、彼を見失った時期があった。もしかしたら、寒い冬はお役目御免しているのかもしれない…密偵には、冬期休暇が支給されるのか?

何が彼をそうさせるのか!?
少なくとも1年半は、こういったことを続けている(たまにいなくなるが…)。


私には、これだけ続ける辛抱強さがない…
それとも、それだけの報酬を、密偵はいただけるのだろうか???
(そういう問題ではない、との声もある)
[PR]
by jeepway | 2004-11-16 22:30 | 日々徒然

カルシウム摂取隊

いらいらすると、いつも意識すること。
カルシウム(Ca)を摂取しなければ!!
いらいらする原因の一つ、カルシウム不足。
そうだ!!骨密度倍増にも、効果があるかもしれない。
カルシウム摂取隊の結成だ!!(大抵一人だが…)

そもそも、なぜこんな思考回路が生まれたのか?
怒りやすいのは、カルシウム不足、そう思う人は、この世に一体どれだけいるのだろう?
そもそも、カルシウムはホントにいらいらに効くのだろうか?


思い返せば数年前、当時付き合っていた彼は、かなり不思議な人だった。
こればかりは、言葉で言い表すことができないが、今にして思えば、どうにもこうにも、私には理解できないことが多々あったようである(過去の記憶なので推測)。

そうなると、当然のように発生するのが意見の食い違い
大抵、私がプリプリしていた。
そして、私が怒ってる真っ最中、真顔で彼が一言。

「j、カルシウムが足りないんじゃないの…?」


鳩が豆鉄砲食らったように、きょとんとする私
数秒後、ハッと我に返った私は、さらに逆上する。
「そうさせとんのは、誰じゃい~!?(怒り心頭)」

ちなみに彼は自分がプリプリすると、
「ちょっと、血、抜いてくる。」
そう言って、献血へ向かった
ヤクルトをもらう頃には、ご機嫌が回復していた。

刷り込み効果ではないが、こういった経験から、怒りを静めるのには、カルシウムか献血、といった選択肢が根付いた。実際には、私の怒りは収まらなかったので、カルシウムがホントに役に立つのかは、いまだ不明である。しかし、プリプリするたびに、彼のあの一言が思い出されて反応してしまうのだ。

はぁ、まいっちゃうわね。


ま、いいや。(それは置いといて…)

さてさて、
カルシウムを取らなくては…!!
そう感じた私は、さっそくサプリメントを購入し、摂取を開始した。

だがしかし、今日、重大なことに気づいてしまった

今日も食後にカルシウム♪
じゃらじゃらじゃら、錠剤を出し、口へ放り込む私。

ン!?
そういえば、カルシウムって、酸っぱかったっけ…?(静岡弁)
あれ?酸っぱいのは…あれ?
……ハッ!!もしや!?


手にしたケースに目を向ける。するとそこには”Vitamin C”と書いてある!!

く~やられた~(涙…)

だって、そのフォント、”C”はサイズ20って感じだけど、”Vitamin”はどう考えても7である。
Ca・Ca・Ca…と思っていたはずが、知らぬ間にC・C・Cに取って代わられていた

おいおいおいおいおい、ビタミンCはないでしょう。
そういえば、カルシウム飲料とかって、乳白色をしている。イメージはそっちだったはず。
どこがどう間違って、レモン色の錠剤にたどり着いてしまったのか…?

やっぱりおかしい。
私のどこかがおかしくなって、こんな取り違えが起きてしまったのだ!!
明日から、今度こそCaを摂取しなければ…!!

小魚だったら、間違いない!!!
[PR]
by jeepway | 2004-11-16 00:01 | 美容と健康

うれすぃー!!

先日、美容院へ行ったときのこと。

たくさん、誉めてくれた。
普段、誉められることなんて皆無な昨今、
いや、うれしかったぁ。

こんな些細なことで喜んでる、私っていったい…
[PR]
by jeepway | 2004-11-15 23:30 | ファッション

いけないいけない

ビタミンC取らないと!!
[PR]
by jeepway | 2004-11-14 23:04 | 日々徒然

怒りの沸点・凝固点

コンタクトがおかしい。
右目だけおかしい。
1週間ほど前から、右目にはものもらいもどきが(多分)発生している。

めがねでも生活に支障はないが、車に乗ることを考えて、
右目だけ、買いなおすことにした。

コンタクトがおかしい理由。
くもりまくっている。レンズの度は悪くはないのだが、なにせ、くもっている。目が悪くて見えない、じゃなくて、目の前のレンズがくもっていて見えない、なのだ。
お手入れも、怠っているつもりはない。後で知ったことだが、コンタクトの油膜は、女性に多く見られる症状のため、化粧が何らかの影響を及ぼすのではないか、とのことだった。

コンタクトの購入の際には、眼科医の診断(処方箋)を仰がなくてはならない。
つまり、コンタクトの購入には、もれなく眼科医の診察が強制される。
これがまた納得いかない。
1分に満たない問診に、2,500円である。
今日、最初に行ったところがこれまたあくどい。


やけにばたばたしている院内。
後から聞いてみれば、時間内に医師の診察を受けさせるためだとか。
検査をやっつけ仕事で片付けていく助手(コンタクト屋の店員だろう)たち。
助手が、入れ替わり・立ち代り、手が空いた人がやってきては、突然ここに座れと言われたり、検査をしたり、ほっとかれたり。

この辺りで、気の短い私の怒りは、ふつふつと湧き上がっていた。

やっとのことで診察が受けられるかと思いきや、前の患者が長引いている。
おや…?この問診は長すぎる。
不審に思った私が、診察室の会話に耳をすませてみると…

医師「睡眠時間はどれくらい?」
患者「6時間くらいです…」
医師「学生さんにしては少なすぎるよ!!僕が若い頃はねえ、遊ぶときは遊ぶ、寝る時はそりゃあもう、眠れるだけ眠ったもんだよ、だいたいねえ、……(以下延々と経験談が続く)」
患者「はぁ…」
医師「だけどね、若いっていって、遊びすぎるのもいけないんだぞ、人というものは……(以下延々と人生の教訓が続く)」

おいおいおいおい、おまえは眼科医だろう!?細木○子じゃないんだろう!?
(前の人の診察は終るのだろうか??)
私は診察室の外で一人、途方にくれた。


「ありがとうございました」

ようやく、前の人の診察が終ったようだ。
出てきたのは、中学生の女の子と、そのお母さん。
女の子と目があったとき、思わず、突っ込んでしまった。
「なんか、大変なことになってたね・・・」

一瞬きょとんとした女の子、
しかしその後、”参っちゃうよ”と苦笑いを私に向けた(はず)。

そして私の出番(いや、違う、順番)。
診察室に入るとまず、私の苗字をわざと間違えて読み、気を引こうとした。
心に余裕があれば、笑って済ませただろう。
しかし、湧き上がっていた怒りは冷めることはなく、これを機会に沸点に到達した。
”ぶち!!!!!”
散々待たせといて、これかい!?


私の診察は、30秒で終了した。

「あっちで待ってて」
目も合わせず、吐き捨てるように最後の言葉を発た医師、ボー然とする私。
(あっちってどこだよ!?)
診察室の外には、コンタクトを装着したり、検査をするスペースがあり、ソファーがあり、そのまた外には待合室が並んでいる。いそいそと動き回る助手たち、途方にくれた私のことは、完全無視

先ほど沸点に達した怒りの次なる行き先は、凝固点。
湧き上がった怒りは、冷え、凍える氷点下へと急降下を始めた。


冷たくあしらわれながら待合室に追い出され、待つこと数十分。
コンタクトが外された目では、本も読むことができない。医師の親父は、診察が終ったのか、ふらふらと歩き回り、助手や受付嬢をからかい始めた。
たまりかねた私は、受付嬢に訴えた。

jeepway「あっちで待ってて、といわれて、だいぶ経つのですが…」
受付嬢「医師の診察時間があったので先に診察だけは済ませてしまいました。もうしばらくお待ちください。」
jeepway「もうしばらくって、どれくらいですか???」
受付嬢「もうしばらくです。」

おまえは蕎麦屋か!?
来院時、診察時間は終盤に差し掛かっていたらしい。
ダメといってくれれば出直したのに、そんなことは一言もないので、普通に受付したらこれである。
だからといって、あふれるほどの客がいるわけでもない。
しかし、私同様に待ちつづける客たち。
キミたちはおかしいと思わないのか!?
私の怒りの許容範囲が狭いのか!?(少しは狭いと思う)

心を鎮め、落ち着ける。
よくあるよくある、もうちょっとだよ、jeepway

それから待つこと数十分。
もう帰ろうと思ったとき、性も根も尽き果てた助手が私の名前を呼んだ。

助手「どれにしますか?」
jeepway「どれがいいんですか?」

助手、カチンと来たらしい。口調が変わった。
あたりまえだ、私だってガチンときてる。知らず知らず、喧嘩を売ってしまったらしい。

保証内容に話題が移るが、いまいち内容が理解できず、何度も聞く私。すると助手、接客態度の仮面をかぶって傲慢態度に打って出た。

助手「(いちいちうるせぇなぁ)もう一度、言わせていただきますよ。こちらの場合…」

私の怒りは凝固点に達した。
話し続ける助手の言葉をさえぎり、「いりません!!」

買わないんだから、診察もいらねえ!!!
ムリだとはわかっていたが、ブチ切れた私はごねまくった(大人気ないとはこのことを言う)。しかし、医師も伊達にコンタクト屋の下請けをやってるわけじゃない。
診察室の中に入っていった助手に一言。

「診ちゃったもんは、もらわないとねぇ、ハハハ。」

私には、人生勉強が必要だ。
二度と行かねえ、静岡・中央コ○タクト!!

[PR]
by jeepway | 2004-11-14 22:57 | 感情

ごちそうさまでした

食堂で、相席したサラリーマンのおじさん。
無言で目の前にやってきて、
黙々と食べ始めた。

のろのろ食べてる私を尻目に、
さっさと食事を済ませたサラリーマン。

すると、小さく手を合わせて、ごちそうさま”ぺこっ”小さく頭を下げた。

きょとんとしてしまった。
うちでもやってるのかなぁ。
ほんと、ただのおじさんなんだけど、今のはかわいかった(笑)。

彼が席をたって程なく、私も食事を終えた。

手を合わせてください!!ごちそうさま”ぺこ!!”
[PR]
by jeepway | 2004-11-13 20:09 | 日々徒然