たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:日々徒然( 81 )

あ…

私の人生計画で、3年に一度くらい、”宝くじに当たって左団扇”という項目がある。
しかし、目先の出費(10枚買ったら3,000円)を躊躇して、将来の晴れ舞台をみすみすどぶに捨ててきた。
そこで、今年こそ、この人生計画を成就させるため、年末ジャンボ宝くじを購入しようと心に決めた。

幸い、職場の近くには、毎回当選者のでているとの噂がある店があり、ミーハーな私も、そこで購入しようと決めていた。
発売初日、なんと運勢は5ツ星。買う気満々、帰り際に前を通りかかると…長蛇の列
並ぶことが大嫌いな私は、(明日にしよう…)
あえなく、撤退した。

翌日。
すでに閉まっていた…

すっかり買う気の失せた私。しばらく宝くじのことを忘れていた。
そんな矢先、バイト先で、今回の宝くじが話題になった。

「ここんとこ毎日、並んでるよね。今日なんか、丸井のところまで人がいたよ」
なぬ!!
私が初日に行ったときより、はるかに長い列ができているではないか!!


俄然、やる気が回復した。
たくさん売れれば、当たりも多い(はず)。3億は私のものだ!!
翌日さっそく向かった店には、相変わらずの長蛇の列。並ぶべきか否か!?
悩むまでもなく後者を選んだ私は、今日の今日まで、宝くじを手にすることはなかった。

そして本日。
またしても会社帰りに店の前を通った私。

お!!今日は空いてるぞ!!
並んでいるのは3,4人。さっそく列の後ろにつく。
前の人が買っているのを見て、ふと考えた。

(何枚買おう?)←この辺が無計画

前の人は30枚買っている。それくらいは当然なのか?
毎回買おうと思ってはいるが、実際購入の経験のない私には、どれくらい買うのが相場なのか、全く見当がつかなかった。
30枚といえば9,000円。貧乏の私には、大変な出費である。考えようによっては、とてもお得なこのシステム、しかし目の前の赤貧にはかなわない。

(連番10枚、バラ10枚、6,000円の投資だ!!)←この辺が中途半端

心に決めた。
が、そこで、どこかから声がした

(まてよ、その前に、私はお金を持っているのか??)←この辺が無鉄砲

そういえば、私の財布には、輸吉がいた記憶はない。稲造は昨日の針治療のときにおさらばした。前の人が帰る前に急いで財布を確かめると…あれ?漱石が3枚…?私の決意は…?

20枚、ムリじゃん。←早く気づけ!!

私の番になってしまった。
「あの、(小声)連番で、10枚…」

「連番で10枚でーす!!10枚、ありがとうございまーす!!」
お店の人が、大声で繰り返す。

(あっ、そんなに大きな声で10枚10枚って叫ばないで…)

こうして私は、生まれて初めて、宝くじを購入した。

家に帰ってカレンダーを見ると・・・今日は仏滅。
なんてこったい!!

[PR]
by jeepway | 2004-11-30 22:17 | 日々徒然

気分を変えて

スキンを変えてみたら、

それゆけ!!jeepway!!

ってかんじです。 
[PR]
by jeepway | 2004-11-28 21:05 | 日々徒然

主婦の知恵

身も心も穏やかな、初冬のうららかな午後。
(そういえば…)
食事を取り、ようやく働き出した脳が曖昧な記憶を呼び起こし、母からの頼まれ事を思いだした。

昨日の夜は悪夢にうなされ、散々な睡眠。
ようやくそれが収まり、穏やかな寝息をたてることができた本日の朝(というかブランチ?)、能天気な声が、邪魔をした。(いや、失礼)

「洗濯物、よろしくね~」

パラサイトの宿命。
返事だけして再び眠りに落ちた。


今日は朝から天気がよい。(明るくなるまでうなされた)
そろそろ洗濯物は乾いただろう。
母から頼まれたそれをしまうために、我が家の2階のベランダへ向かった。

(よしよし)
太陽の恵みはすばらしい。
洗濯物は、気持ちよく乾いていた。いそいそと取り込む私の目に、なにやら異様なものが飛び込んできた。

それはベランダに設置されたエアコンの室外機の上にあった。
茶色の物体が4個。

しいたけ…

洗濯物と同じく太陽の恵みをうけたそれは、いい具合に干からびていた。

恐るべし、主婦の知恵…


それは、もうしばらく干してから、取り込ませていただきました。
[PR]
by jeepway | 2004-11-28 01:49 | 日々徒然

夕闇迫るたそがれ時…

メーカーさんに、問合せ。

「少々お待ちください」
待つこと数分。

長い…

早い時間ならば、しびれを切らして電話を切り、再度電話を掛けてどういうこった!?と詰め寄る私。
が、時間はPM5:00
外は夕闇せまるたそがれ時、私の電池は限界、まぶたは半開、口も半開、心は半壊??
肩と首で受話器を挟み、麗しく流れる保留音を聞いていたら…

ハッ!!
私は何分待っていたのだろうか?

受話器の向こうからは相変わらず流麗な保留音が流れている。

あぁ、このまま落ちてしまいたい…
[PR]
by jeepway | 2004-11-25 22:34 | 日々徒然

何かが違う、鐘の音

静岡県民にはかなりなじみのある歌”富士山”
とある公園では0分・30分のたび、このメロディーで鐘が鳴る。

だがしかし、おかしいのだ。

富士山(歌詞)
頭を雲の 上に出し 日本の山を 見下ろして
雷様の 上に立ち 富士は日本一の山

これを公園の鐘で表すと…

♪そーそらーそ みーれみ れーそそーみれ
そーそみー らーしら そーらそみれど
れーれれれ れみそ らーしんーらーそ
んー みーみらーそー みれーんん

どこがおかしでしょうか!?

は音が鳴りません。
は音がかなり不安定です。

この鐘の音を聞くたびに、富士山の将来が不安になる…
[PR]
by jeepway | 2004-11-24 22:42 | 日々徒然

提案

今日、隣人Bからなかなかユニークな提案があった。

「今度、砂の造形作りに海行かない?」

浜は第二の(?)故郷である。
やってやるぜ!!待ってろ海!!

第一回作品は「たこ」の予定です。
[PR]
by jeepway | 2004-11-21 23:43 | 日々徒然

大変です!!


隊長(誰?)!!大変です!!

先程のブログでも書いたが、街はクリスマス一色。コンビ二の例外ではない、っていうか、先頭に立っている。ここのコンビ二は、その鏡のような存在で、静岡市街にあるコンビニの中でも1,2を争うディスプレイを施している
ここも、11月に入ってから、レジカウンターにはサンタがぶら下がっている

そして今日はそう、11月の第三木曜日、そう、ボジョレ・ヌーヴォ解禁日なのだ。
コンビニのクリスマスディスプレイにボジョレ・ヌーヴォが乱入している…

この画像、例のコンビニの入り口付近。
見えにくいが、見れば見るほど大変なことになっている

サンタがいたであろう場所には、ボジョレを表しているのか、ブドウと樽のイラストが取って代わり、おそらくツリーであった木には、紫(これもボジョレの色のつもりだろう)のモールが飾られている

おいおい…

画像にとることはできなかったが、レジカウンターにはブドウと樽の例のイラストが、サンタと交互にぶら下がっていた。

おいおいおいおい…

現在、このコンビ二内には、クリスマスとボジョレ・ヌーヴォが同居している。近日、門松も登場することだろう…

もう、好きにして…
b0018162_2254087.jpg
[PR]
by jeepway | 2004-11-18 22:54 | 日々徒然

クリスマスに染まってる

まだ11月(もう11月、との説もある)だというのに、街の雰囲気はすっかりクリスマス
街路樹には照明が灯り、デパートではサンタやツリーがウェルカム。街の色調は、赤・緑・赤・緑にのみ込まれている。
まあ、それはそれでいいのだが、毎日そこを通る身としては、はいそうですか、で過ごすには少々気力が必要である。なにせ、勢いがあるのだ。(表現が難しい…)

いつの頃から,11月に入ったらクリスマス解禁、てな感じになったのだろう。
子供の頃には、こんなに盛り上がっていなかったはずである。せいぜい12月に入ってからであった。それが今では、1ヶ月も前倒し。10月末の”ハローウィン”などというイベントがメジャー化し、それが終ると、街は即”クリスマス”に変貌する。

何なんだ!?一体…!?

ときに私には、クリスマス解禁した街が、時に非常に目障り・耳障りになる
そう、私の誕生日は11月中旬である。
まかり間違って、プレゼントをいただける場合がある。
いくつになっても、プレゼントは無上の喜びである(時には試練にもなり得る)。

そんな時、私も一緒に現場に出向き、(これがいいなぁ~へへ…)なんて浮かれ気分で物色中。
「クリスマス用ですか???」
ちがいます~(ムカ)

これだと決めて、包装してもらうときにも
「クリスマス用ですか???」
ちがうっつーに!!(怒)

誕生日だよ!!この時期、誰もがクリスマスじゃないんだよ!!

店員さんに悪気はないだろう(あたりまえだ、あったら張り倒してやる)が、
この時期の贈り物=クリスマスプレゼント
こうとばかり考えてしまう商業主義もいかがなものだろうか…?

はぁ、硬く考えるときりがないわ。
だって、クリスマスが終れば、早ければ12月25日には門松が登場し、正月明けて7日が過ぎれば、バレンタイン…。
ひっきりなしにイベントはやってくる…

日本のイベント好きにも困ったものである。
私も、もろ日本人だけどね…
[PR]
by jeepway | 2004-11-18 22:17 | 日々徒然
先日激怒した例のバリケード、本日、通りかかったら、撤去されていた。

通れるようにして、工事は続行中である。

きっと、善良な市民から、多大な苦情が寄せられたに違いない!!

私は間違ってなかった!!!
[PR]
by jeepway | 2004-11-16 22:38 | 日々徒然

あの人は一体…?

毎朝通勤途中で見かける人がいる。
見かける、というより、いつもそこにいる。
地下道の、ある場所で、彼は正座をして本を読んでいる(多分)。

もう少し詳しく説明すると…
地下道のある場所で、駅とは反対方向を向き(つまり私の進行方向)、壁から1mほど離れたタイル張りの床に正座をして、本を床に置き、膝で腕を組み、かなり前かがみになって本を読んでいる(らしい)。
愛読書は不明。
しかし、私は断定する。

間違いない!!
あれは同じ本だ!!


彼は1冊しか持っていない!!はず。
その本は、かなり薄汚れていて、カバーはついていなく、2段組、A5サイズのものであることはわかった。そして、毎日同じようなところが開かれている。
さすがに、内容まではチェックできないが、私の推測に間違いはないだろう
毎日毎日、本に目を落としているフリをして、何かとてつもない使命を果たしているに違いない!!(ほんとか???)

もしや、これが、かの有名な”密偵”…?

時代を遡れば、鬼平犯科帳の梶芽衣子・蟹江敬三、黄門様の由美かおる、忍者にゾルゲ、MI6、スケ番刑事ではまたしても蟹江敬三!!
もしや、彼らに匹敵する、腕のよい密偵なのかも…!?

ないない、それはないけど…

地下道を行く人々を、じっと横目で観察し、闇の機関(あるいは市役所)に情報提供しているのかもしれない。実は私のことも観察し、見あたらないときには、どこか私の知らないところへ情報が流している街の情報屋かも…。(私の私生活が世間にどれだけの影響を及ぼすかは未知数である)

そして、セブンスターを愛煙。しかもボックス。(たまに変わるのは、見えない支援者が差し入れしているのだろう)
几帳面な性格なのか、吸殻は本の横に、整列されて並んでいる。
(地下道でタバコを吸う人が几帳面とはいえない気がする…)
そんなスモーカーは、なぜか、気管支が弱いと見え、ひっきりなしに咳込んでいる。

真夏には、熱気が篭もる地下道で、上半身裸になって本を読んでいた。
もちろん、上記のとおりに。
なかなかの身体を持った人なら許せるが、ねえ…歳のころは、50代だろうか…?
暑い上に、暑苦しかった。(いや、ホント…)

そしてこれから迎える冬。
去年の今ごろはどうだっただろうか?
記憶が曖昧だが、一時期、彼を見失った時期があった。もしかしたら、寒い冬はお役目御免しているのかもしれない…密偵には、冬期休暇が支給されるのか?

何が彼をそうさせるのか!?
少なくとも1年半は、こういったことを続けている(たまにいなくなるが…)。


私には、これだけ続ける辛抱強さがない…
それとも、それだけの報酬を、密偵はいただけるのだろうか???
(そういう問題ではない、との声もある)
[PR]
by jeepway | 2004-11-16 22:30 | 日々徒然