たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:日々徒然( 81 )

テーマ?

今週から新しい職場に勤務し始めた。
謎の多い会社だが、なんとかやっている。

その中で、初日、まず最初に気になったこと、それは事務所の横の倉庫から聞こえてくる、軽快な電子音…

♪チャラララ ランラン ランララ ランララ ララ ランララ ララ ランランラン♪

事務所の人々は、黙々と、あるいはがやがやと仕事に話に励んでいる。
そんな中、頻繁に聞こえてくる陽気な(?)電子音。

(何の音なの?????)


しかしそのことについては誰も何も言わない
しかし、頻繁に流れるこのメロディー、察しのよい(おいおい)私は、倉庫で動かしているクレーンが鳴らしている音ではないか?との推測に至った。
だが人見知りの私は、初日、この音について、誰にも何にも言うことはできなかった…

翌日も、朝から音が鳴っている。

♪チャラララ ランラン ランララ ランララ ララ ランララ ララ ランランラン♪

鳴り出したかと思えば突然止まり、また鳴ったかと思うとなかなか鳴り止まない。
気になって気になって仕方がない!!!

思い切ってこの想いをぶつけてみた。
曰く、
”クレーンが動いてますよ~”の音だよ。わたしもね~最初気になってしょうがなかったんだけど、そのうち慣れるよ~

慣れる!!??この音に!?

イヤだ------------!!!!!


出社から丸4日、この音が、車の中でも家の中でも頭の中にこびりついて離れません…
[PR]
by jeepway | 2005-02-24 22:12 | 日々徒然

いっぱいいっぱい

昨日、こんなことは初めてなのだが、自分のPCを12時間以上立ち上げつづけた
乗りに乗って旅行手配をしていたせいか、時間はあっという間に過ぎていっていた。
一息ついて本日、残りの懸案事項であるホテルについて、回答のメールをチェックしようと、PCを立ち上げた。

さて、私のPCは5年前に購入したVAIOのノートで、最近の機種に比べたら、そりゃ、もう、ねえ…というコメントでわかっていただきたいほどの機能である。やっとのことでうぃーんうぃーん言うハードの音が鳴り止んで、さっそくhotmailを見るために、IEをダブルクリック。もちろん、その立ち上がりもいかがなものかというものである。

しばらく席を外して帰ってきたら、トップページのinfoseekが半分表示で固まっている。ありゃ、固まったかい、一旦、強制終了をかけて、再度立ち上げてみた、が、何度やっても表示はされるが、応答はない。

……参りましたのう

ページは開示されるので、ネットがつながらないわけではない、IEがおかしいのか?時間を置いてトライしても、状況は全く変わらない。直し方を探したくても、IEがダメなので、ネットにアクセスもできないし、もちろんhotmailも見ることができない!!

どうしよう!!!


PCのいろんなものを開いてみたけど、私には意味がわからない。唯一できたことといえば、ウィルススキャンをかけたくらいである…(これも役に立ったかどうかはわからない)頼みの綱の友人Bに携帯からメールを送り、とりあえず漫画喫茶に行くことにした。どうにもこうにも予約状況だけは確かめたい!!

車に乗り込んだ私、だがしかし、漫画喫茶はどこにあるのだろうか?静岡の街中に”漫画喫茶”と書いたところがあることは知っていたが、うちの近所にないものだろうか??エンジンを温めながら考え込むところへ、運良くBから返信メールが帰ってきた。後ほど様子を見てもらうことをお願いし、近所の漫画喫茶の場所も聞き出し、即、出発!!

はじめていった漫画喫茶は思った以上に広く、また電話ボックスみたいな小さなブースにPCが設置してあり、よく言えばスモールオフィスみたいな感じだったし、飲み放題で、今度は漫画を読みに来ようと思った。だがしかし、海外のインターネットカフェに比べたら、なんと高額な価格設定であろうか!!普段、自宅や会社でだらだらと長時間使用しているような私には、この料金コストはかなりの負担である。貧乏性の私は、迷わず最低時間の30分を選択した。まあ、そう考えると、私も結構ネット依存症になってきているのかな…なんて反省してみたりもした。

なので、hotmailをちゃちゃっとチェックして、返事を送っとこうかと思ったんだけど、何せ相手は英語、わからない単語が登場して、あえなく撤退。自分のPCが早いとこ直ってくれるのをひたすら祈り、漫画喫茶デビューに幕を閉じた。あと、もう少しだから、出発までなんとかがんばってちょうだい!!今が、一番の利用時期なのよ!!がんばれvaio!!

帰宅してさっそくB宅へPCを持ち込む。相変わらず不機嫌なIE。Bのマシンで解決方法を探りつつ、最後の手段は再セットアップ(?)と腹をくくり(でも私にとっては大したことではない)様々な手段を実行した。cookieが多すぎるんじゃないか、とのことで、リセットを掛けたが、ここで私のPCは再びフリーズ。せっかちなBの高速ダブルクリックに旧式の私のPCはついていけず、思わず固まってしまったらしい…バックアップCDを取りに、一旦自宅に戻った私が再度、Bの部屋に戻ったら、Bが静かに言った。

直ったみたいよ…

ホント!?やった---!!!
再度、cookieのリセットを掛けてみたら、通常に動き出したらしい。そういえば昨日は、いろんなサイトに行きまくり、サインインしまくった気がする…(やめるよ、次から)何はともあれ、通常に稼動するようになったIE、自宅に戻り、さっそく辞書を片手にメールを返信して、今に至るのである。

そういえば、ブログを始めてネットにはまり始めたころにも、電源が入らなくなるトラブルが発生した。そして、昨日のヘビーユーズ…年齢と性能を考えたら、お疲れになってしまったのかしら…?

このPCを使っていると、機械にも、”いっぱいいっぱい”ってのがあるよな気がする…
[PR]
by jeepway | 2005-01-30 22:43 | 日々徒然

教えるということ

仕事の引継ぎをやっている。
そこでつくづく実感するのは、教えるってむづかしい、ということ。

高校時代、友人に数学の問題を持ちかけられた。
私は、自分の思いつくままにその問題を解いた。
正解が出たので、そのまま、解説した…が、意味がわからん、と友人は他へ行ってしまった。
どうやらこの「思いつくまま」がいけなかったらしい。
私が問題を解いている最中の心の声に耳を傾けてみよう…

…あ、こうなって…こんな感じかな??…あぁ、ダメかな?…いいんじゃないの!?…解けた!!

だめだ、こりゃ。(by長さん)
私なりにはわかってるんだけど、私だけしかわからない…(AB型の特性)

そういえば、数学のテストで、答えはあっているのに、途中の計算がすっ飛んでいるからって、減点されたことがあったなぁ…いや、だからって数学の点数が良かったわけじゃ、全くもってないんだけどね…ハハハ…

私は「答えが出たからいいじゃん!!」と思うのだけど、それではいけないらしい。「どうやって、その答えに行き着いたのか」それが大事。どんなことも同じ、結果ももちろん大事だけど、過程のほうがもっと大事。(ごもっとも)

はぁ、教えるって、大変よね。
[PR]
by jeepway | 2005-01-20 22:54 | 日々徒然

親ばか

先日の某社内での構内事故により、久々の(といっても1年ぶり?)ピットインとなった我が愛車
正面から見れば、新車のように美しくなって(我が子はかわいい)帰ってきた。

事故があったのは忘れもしない大晦日。それから約1週間、私は身内に事故のことを言えずにいた…意を決して、似たもの親子の父(前回の扉交換の原因を作ったのは父である)に告白したときには、肩の荷が下りた気がしたのは、気のせいではなかったはずである。
リタイアして、すっかり気ままな生活をしている父、さっそく車屋にご相談に向かってくれていた。のほほんと帰宅した私に父は言った。

「おまえ、ありゃ、バンパーも交換だぞ」
なぬ!?
「だってバンパーゆがんでて、変えなきゃだめって言われたぞ」
なぬ!?当てたのはフェンダーで、今回はバンパーは何もしてないぞ!!高くなっちゃうよ~(これが本音)
「もう修理頼んじゃったからな~」
なぜだ、なぜバンパーが…!?

…簡単なことだ。
そう、私の車のバンパーは、既に前からゆがんでいる。
その昔、追突してへこませ(修理なし)、曲がるときには角をこすり(左右とも)、ずっと昔から、私のバンパーはゆがんで傷だらけだったのだ。毎度の扉交換のときには、車屋さんの目はバンパーには向かなかったようだが、今回のフェンダーは、バンパーと隣り合っている。フェンダーがつぶれて、ついでにバンパーもゆがんだと思ったに違いない!!(でも多分、関係ないけど、このバンパーはこのまま放置するには忍びないと思った、というほうが正論かもしれない…)

かくして納車以来ぶりに美しくなったバンパーを身につけて、私の愛車は帰ってきた。
母は言う。
「前から見ると、新車みたいだよ」
これも親ばかである。

後ろに回れば痛々しい傷が、やはり左右真中についてはいる。
だがしかし!!
久々の美しい顔(正面ビジョン)を見て、惚れ直してしまうのは、やっはり親ばかなのでしょう…
[PR]
by jeepway | 2005-01-19 23:01 | 日々徒然
ぐったりと疲れ果てそうなPM5:45。
しかし今日は、倒れるわけにはいかない、仕事の後はバイトである。
約束の時間はPM6:00、だがしかし、私の仕事が終らない…

シェフにはメールをいれた。
「申し訳ありません…約束の時間には行けません…」

こんな日に限って次々と舞い込むお仕事たち。本日最後の力を振り絞って、やっとのことで片付いたのはPM7:00。
シェフからメールが帰ってきていた。
「人数減ったから、大丈夫だよ~」

ほっとしたら、おなかが空いてきたので、店へ向かった。

ふぅ~

カウンターに腰掛け、メニューをにらむ。本日はお客さんになる。
今日も一日ご苦労様、
もりもりとお食事を平らげていたら、いつもの方々がやってきた。

さあ、おしゃべりの始まりだ!!

本日の気力は使い果たしたはずだったのに、女同士の会話に必要な気力はまた別のところに眠っていたようだ。しゃべることはいつもと変わらず、化粧のこと、年のこと、食べもののこと、健康のこと、服のこと…とりとめもなく交わされる会話から、逆に気力を取り戻す。

帰りに駅に向かうことには、キュッと口角が上がっていた気がした。

他愛のないことって、よいことだ。
[PR]
by jeepway | 2005-01-19 01:23 | 日々徒然

小吉

厄払いに行った際、おみくじを引いてきた。

小吉

待人:障りがあるが いつか、来る

”障り”ってなに???

私の心に続く一本道は、そんなに険しいのでしょうか?
ならば、私が出向くべきだろうか…?
[PR]
by jeepway | 2005-01-16 21:09 | 日々徒然

よいのか?

1年程前、あまりの災難(自己比較)に見舞われていたため、藁にもすがる思いで、厄払いに出かけた。厄払い後の日々は、果たして災難とは無縁だったのか、と問われたら、何とも回答に困窮するが(この辺は曖昧にしておくことがベストだと思う…)、まあ、年も改まったことだし、お札を返しに行くことにした。

片道約1時間半、久々のロングドライブの果てにたどり着いた駐車場。
目当ての寺は、そこから参道を抜け、更に延々と続く急勾配の階段を、つらく険しい(だけではない)人生と重ね合わせて黙々と登って行く試練を参拝者に課している。

とりゃとりゃ!!

自分に鞭を打ちながらも、ひたすらその階段を登りつづける私。雨模様の夕方、意外なことに参拝客は後を絶たない。ここは静岡県内でも有名な厄払いの寺である。皆様、厄を落としにはるばるやってくるのである。

まだか、まだか!!

この角を曲がれば…
そう思いながらひたすら登りつづけたこの階段、やっとのことで拝殿にたどり着いたときには、息は切れ切れ、額には玉の汗を浮かべる程の、身体と心を手水の水で冷やした。

無事に古札を納め、本日のメインイベントが無事終了した私の目に入ってきたのは、”だんご”の3文字。
そう、ここにはかの有名な”厄除け団子”があるのだ。ここでしか購入できない、このだんご。厄払いに来たからには、食べねば厄が落ちきらん、とでも言いたげに、参拝の皆々様、そろいもそろって大量の厄除け団子を土産に購入している。もちろん私も、白米とともに味噌汁をいただくように、この寺に来たからには厄除け団子を購入した。
b0018162_20471661.jpg

(あくまで個人的な意見ではあるが、”厄除け団子”はありがたい団子のはずなのに、こういった世俗的な販売方法(券売機)では、どうも、ご利益が落ちるような気がするのは私だけだろうか…?)

何はともあれ、ずっと心に掛かっていた用事をすっきり完了させ、なかなかよい気分でその寺を後にしたことは、いうまでもない。
[PR]
by jeepway | 2005-01-16 20:59 | 日々徒然

実況中継

会社の窓から富士山が見えます。

冬至を越え、再び日が長くなり始めた今日この頃、
この時間は、夕日に照らされた富士山が、バカきれいです。

所長の向こうの富士山を、じっと見つめる夕暮れ時なのでした。
[PR]
by jeepway | 2005-01-13 16:57 | 日々徒然

大お片付け大会・後編

本日は晴天なり。
先日実施された大お片付け大会の後半戦・過去の遺物との決別(物理的変化+精神的変化)を実施した。

そもそも過去の遺物との決別、というのも、過去十数年に及ぶ”手紙”のことである。友人・知人・恩人からのありがたいお手紙の数々、ずーーーと取っておいたのだが、何せ数が増えていく。大変申し訳ないが、ここで還元させていただくことを決意をした。

たまりにたまった手紙の数々、一つ一つを読み返した。
年賀状・暑中見舞い・近況報告…

特に数が多いのは、大学に入学し、始めて一人暮らしをしていた頃のものである。
家族や友人と離れ、未知の世界での生活を始めた私と同様に、私のいない、新たな生活を始めた彼ら。取り留めのない内容の中に、彼らの不安や寂しさ、暖かい想いがひしひしと詰まっていた。私の手元に残る手紙たちは、私宛のものであるが、これと同じほどの想いを込めた手紙を、私も彼らに送ったはずである。

また、高校・大学時代(今にして思えばもっとよく勉強しておけばよかったと思うが)、何故か授業中に手紙を書いたものである。それらはいくつかの机を伝って私の手元に届き、また帰っていったものである。時が経ち、切手を貼った手紙の形で、遠く離れた私のもとへ届いて来たこともあった。

出会いと別れの雰囲気も含まれていた。幸せな日々を過ごしていたであろう手紙、悩める私を気遣う手紙、もらったときに読んだきり、再読できなかった手紙…これだけの時が経ち、あの頃を懐かしく思い返せる今だから、何もかもがいとおしく、静かに読み返すことができた

社会人になり、なんとなく学生時代とは違った友人関係を形成し始めた中で、ポッと現れた新種の友人。”会社の人””同期の人”そんな垣根をぶっ飛ばして私たちはすっかり仲の良い友人となった。会社の都合で駒のように動かされる不安定な時期を、二人で堂々と渡り合ったことを記す手紙も発掘された。

一つ一つ読み返すと、なんともおかしなものも含まれていた。
堂々と私(宛先)の名前を間違えて送ってきたYちゃん、奇抜な手紙(ここでは書ききれない)が妙に目立つB、ものすごい寒さの私の部屋、顔が火照るまで笑わせていただきました。

決心したのは良いが、どれもこれも、手放し難いものばかりで、手紙を床に広げ、思わずうなってしまった。
3回読み返して、これだけは手放せない…というものだけを残すことに決めた。

儀式はやはり、砂浜で決行した。
高校時代をここで過ごし、今もなお、私の心のオアシスでありつづける砂浜は、他には考えられないもっとも適当な場所である。私と、手紙をくれたいろんな人の想いが、空に、土に、海に、そして私や彼らに還ってくれると願って、この場所を選んだ。

いろんな人の想いを受けて、今、私はここにいる。
これまでも、これからも、そう。
いろんな人の想いに包まれた未来が、私にも、彼らにも、待っているはずである。
[PR]
by jeepway | 2005-01-10 22:33 | 日々徒然

大お片付け大会

そんなことは年末にやれ!!
と、自分に突っ込みたくなるくらい、今日はがんばりました。
思った以上に熱中したので、今日のこれは、長いです。

(やろうやろうやろうやろうやろう・・……)
先週くらい(つまり年明け)に思いつき、ずーーーっと自分に暗示を掛けていた。(*)

そして今日!!とうとう実行に移されたのだ。

…でも開始は午後2時。(*)
理由はいわずもがな、お寝坊です。ま、これはいいとして。

今回のテーマは”新たなる出発”(ちょっと大げさだな…)。
部屋の配置換え(物理的変化)と過去の遺物との決別(物理的変化+精神的変化)に焦点を絞った。

配置換えメインはベット。まずはベットを動かすために、新ポジションに居座る家具たちの移動に取り掛かった。家具の上に並べられた小物たち。その配置は、まさに”ランダム”と呼ぶにふさわしく、私の感性だけに任されていた。自分で並べたものだけに、どこにどうどかしていいのか途方にくれ、開始3分もしないうちに壁にぶち当たった。

どこから手をつけてよいのやら…
…う~ん(一休さんが考えている様子を想像してください)…そうだ!!

私は部屋の隅に投げられていた(いや、私が投げた)トートバックをつかみ、家具の上の小物たちを無造作に投げ込み始めた。(*)小物をどかした家具をとりあえずその辺に移動させ(*)、ベットの移動に取り掛かろうとした、その時!!

あぁ…ベットの下は、大変なことになっていた…


さて、このベットという代物、めったに動かさないものですよね。そして私の部屋は板の間(フローリングとかいうしゃれたものではない)。
そう、ベットの下は埃の住処と化していたのだ…

これをどうしろっていうんだい…
…う~ん(一休さんが考えている様子を想像してください)…そうだ!!

家具に侵されたドアに向かい、階下へ走る。バケツに水を張り、ちぎって丸めた新聞紙に水を含ませる。バケツを持って部屋に戻り、絞った新聞紙のかけらを床にばらまいた。とりゃ!!とりゃ!!と新聞紙をほうきで撒き散らし、積もり積もった埃たちを回収した。更にクイックル○イパーの紙(非純正品)で床をふきまくり、仕上げに床用洗剤で磨き上げた。(*)

よくやった、よくやったぞ!!jeepway
かなりの達成感を得られた私、階下でお茶を…(*)なんて階段に向かったその瞬間、ふと気がついた。

あの…まだベットの位置が変わっていないんですけど…
回れ右して、部屋を見渡した。

ここから先も、こんなことの繰り返し。他の家具をどかしたのは良いが、またしても床が大変なことになっていたり、家具の配置が決まらずに(*)一度動かした家具をもとの位置に戻したりで、あーでもないこーでもないと試行錯誤を繰り返し、やっとのことで、すばらしい配置(自画自賛)についた。

よくやった、よくやったぞ、jeepway!!(再び)
またしてもかなりの達成感を得られた私、階下でお茶を…なんて回れ右した瞬間、またしても気づかされてしまった…(*)

部屋の床を埋め尽くすものたち、これは一体どうなるんでしょう??
はたして収まるのだろうか、と途方にくれた…

時刻はすでに夕方5時近く、北向きの私の部屋はすでに冬の寒さにやられていた。一瞬、今日はここまで…と思った、が、だがしかし!!

いいのかそれで!?


自分に激しく鞭を打ち(涙)、シクシクと片づけを始めた。またしても、ああでもない、こうでもないとの試行錯誤の繰り返し。またしても強烈にナイス配置を思いついてしまい、実現に熱中する。(*)
どう考えても不要なものたちを、涙とともに大型ごみ袋に詰め込んで、今度こそホントに、今日の目標の半分(物理的変化)が達成された。

よくやった、よくやったぞ、jeepway!!(再再…涙)


この先、残り半分も少々手をつけたのだが、これについても今まで書いた以上のスペースが必要になりそうなので、またの機会にしようと思います。(*)

明日は筋肉痛です…
(すでに肩・背中が固まり始めています…)

*のついた行動は、jeepwayを非常によく表している行動です。おわかりになるでしょうか…?
[PR]
by jeepway | 2005-01-09 00:29 | 日々徒然