たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:電化製品( 1 )

デジタルカメラ

全体的に(何の?)電化製品が苦手な私。
本日、お日柄もよく、かなり暇だったので、散りゆく桜を見ようと思って、デジカメ持って公園へ出かけた。

(今年は、はらはらと舞う桜を撮っておこう!!)
大乗り気でマウンテンバイクにまたがりレッツゴー!!

強風にあおられながら、えっちらおっちら坂を登り、到着したその先には、まさに希望どおり、花びらが風もてあそばれるかのように舞っていた。

(写真写真…!!)

いそいそと、デジカメをバックから取り出し電源を入れた画面では、なにやら見たことのない字が横たわっていた。

『ライトプロテクト』

(知るか、そんなこと。)
そんなことはどうでもいい。それよりなにより、桜、さくら。

桜吹雪のなか、格好の被写体を発見し、シャッターボタンを押した瞬間、これまた聞きなれぬ音がした。

『ピピピピピ!!!』

(うるさいなぁ、いつもは『カシャッ!!』じゃねーか!!)

画面を見ると、登録された様子はない。

なぬ-----!!!(プチッ)

デジカメの、かなり少ないボタンを全て押しても、一向にその様子が直る気配は微塵も感じない。長押ししても、電源を切ってみても変化は見られない。たたいても、振り回しても気にしない、デジカメは、いつのまにか設定されていた『ライトプロテクト』の状態を静かに、忠実に実行し、私に、主人のこの私に!!!写真を撮らせる気など、さらさないようである。

かっちーん!!!

プチッときた私は、こいつに膝蹴りを食らわし、桜の花びらの浮かぶ池に放り投げて抹殺してやろうかと思った。

だがしかし…私の財政事情を考えると、デジカメを、この(今は)役立たずなデジカメを投げ捨てるなど、到底できることではなかった…

燃えさかる怒りとともに、デジカメをバックにしまい、公園の中に進む私。

だがしかし、怒りの炎はそう簡単には消火できなかった。
目の前で散っていく桜を眺めつつも、この美しいシーンを撮ることができないという腹立たしさがめらめらと湧き上がり、目では桜を愛でつつも、意識はすべて、バックの中の役立たず(なデジカメ)へ向かうだけだった…

(美しいものは、美しい心でみたいわ…)

結局どうすることもできず、自宅に帰り説明書を取り出してみたが、『ライトプロテクション』なる項目は見当たらない!!怒りに任せてキャ○ンコールセンターに電話してやろうかと思ったけど、時間外だったし、大人気ないのでやめておいた。説明書にも載っていない裏機能(?)を、無意識にやってしまえるのなら、通常機能をもっと簡単にしてくれ---!!!


で、どうしたって??

初期化、初期化。

今までのことはすっかりさっぱり忘れてくれよ!!けッ!!
[PR]
by jeepway | 2005-04-17 22:08 | 電化製品