たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:音楽( 4 )

失敗

最近、私の中で流行り始めたMP3プレイヤー。
購入して早○ヶ月、やっと日の目を見始めた今日この頃。

そしてこれまた最近流行の長風呂。
友人に勧められ、入浴中に音楽を聴いて、癒しの時間を過ごしている。

さてその一方で、意外と長い通勤時間、こちらでも活用してみようと思ったのだが、入浴中と通勤時間、あまりに気の持ちようが違いすぎる。

そこで、入浴用に1枚、通勤用に1枚、計2枚分、持ち歩き始めた。

入浴用は、友人お勧めのサーフミュージック。
真冬の日本に居ながら、瞳閉じれば常夏の楽園へ…
行けるはずはないけど、まあ、気分だけでも味わえる、心憎い一作。

そして通勤用…
金曜はRadioHeadのO.K.Computer。
久々すぎて、かなり、通勤に向かないアルバムだったよ・・・


大失敗・・・
つらい週末出勤でした。
D.J.Jeepway、失格・・・
[PR]
by jeepway | 2006-01-29 22:45 | 音楽

つながらないバトン

ごめんね、fanshen(ていうか主催者)、
ブログ仲間がいない私には、バトンを渡す相手はいないけど、
やってみるよ。


Musical Baton

Question.1
Total volume of music files on my computer?
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

0。ゼロ、ZERO。
(こういう人に何故か回ってくるバトン・・・)
私のPC、CD-ROMなので、HDに落とせないんだそうな。
ダウンロードも、やらない・・・


Question.2
Song playing right now?
(今聞いている曲)

友人Bが作ってくれた『GOGO!!MIX』
DANCING QUEEN は17歳♪

通勤時にはクラシック!!
昨日はチャイコフスキーの結婚行進曲にのりのり。毎日が新発見!!


Question.3
The last CD I bought?
(最後に買ったCD)

バンプオブチキンの『Jupitor』
かなり古い・・・声が好き、若さっていいなぁ。


Question.4
Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me?
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

Wild World / Jimmy Cliff
落ちるとこまで落ちたら、登るのって大変よね。
今聴いても、泣けてくる。

アンパンマンの歌(正確なタイトルは知らない・・・)
人生って、深い・・・アツイ!!アツイよ、アンパンマン

field of joy / Lenny Kravitz
いや、もう好き
こんなハードに幸せを歌っていいのでしょうか、いいんです。

時間旅行 / Dreams Come True
あのころ2012年は、近い将来でした。
いまは、遠くない現実です。

EVERY BREATH YOU TAKE / POLICE
とろける
邦題『見つめていたい』も傑作。

おまけ
モルダウ(我が祖国より) / スメタナ
プラハで聴いたときには、ただもう、感動でした。
音楽には時代を変える力があるんじゃないのかと思えてしまいました。

他にもいっぱい
思ってた以上に、私にも、世界にも、音楽が必要なのね

Question.5
Five people to whom I'm passing the baton?
(バトンを渡す5名)

ほんと、ほんとごめん、
バトンをくれた人が、唯一のブログ仲間。


終了。
[PR]
by jeepway | 2005-06-23 00:21 | 音楽

カラオケ

昨日、久々にカラオケに行った。

一緒に行ったのは、まだ付き合いがとてもとても浅い会社の人々。下は22歳から31歳までと様々だが、最近のミュージックシーン(この言い方自体、怪しい)に、全く疎い私。皆に歌え歌えと言われることは目に見えていたが、カラオケに行かない、とも言い出せず、まさに針のむしろ状態で、その部屋に入っていた。

実際、最新の配信が載った小冊子に目を通したが、知った曲は何一つない、いや、知った人も数えるほどであった。私のところに回ってきたリモコンを、どうやってさりげなく、他の人に回すかに私の意識は集中していた。
その作戦はじわじわと効き始め、同行者たちは次第に自分のペースで曲を入れ始めた。

(はぁぁぁぁ…)

だがしかし、一体いつまで歌うのだろうか…?

一番安いコース!!との宣伝文句に惹かれ、休前日4時間1名880円、で入店した私たち、途中で退室してもいいよね~、なんて言ってたのに、みな帰る気配は全く見せない。2時間経過、もう帰りたい、と思い始めた私を尻目に、最年少のカップルがさりげなく、だが仲良く退出していった。

(おっ、これを機に、みんな帰るのか…!?)

私の顔に浮かんだ安堵の表情を勘違いして、隣の人が言った。
「さあ、Jちゃん、若者は帰ったことだし、心置きなく歌っていいよ!!」

えぇぇぇぇ!!!違うんですけど…)
そして流れ始めたのは、1994年ヒットメドレー。
ハイ、とマイクを渡され、おろおろと流れるままに繰り出される歌を待った…すると…

全曲、歌えるんですけど…

「Jちゃんは、これを待ってたんだね!!」
それまでは流れる曲についていけず、ただ曖昧な表情で笑っていた私が、突然歌いだしたことにかなり満足した同行者。いや、私、その辺り(年代)で記憶が止まっているんですけど…
私の言葉は全く聞き入れられず、1985年辺りからのヒットパレードをひたすら選曲し始めた彼ら、そこから地獄のヒットパレードが始まった…

残った人々は年齢差5歳足らずの範疇だったため、そこらの曲はほとんど知っていた。そのため、マイクを皆でまわしながらの大合唱となったのだが、きつい!!!久々のカラオケ、大量の喫煙、そして花粉症…私ののどにはかなりヘビーな所業であった。
何年間のヒットパレードを歌えば彼らは気が済みのだろうか…

結局、85年から95年を歌いきり、時間が来てしまった(つまり結局4時間歌った…)ので飛んで2003年を歌い締め(私は全くわからなかった…)昨日のカラオケ武者修行は幕を下ろした…

長くなったけど、まとめると、私のミュージックシーンは1995年辺りで途切れていることを確信し、カラオケは間違っても4時間もいるもんじゃないということを学習した。

疲れた…
[PR]
by jeepway | 2005-03-12 21:08 | 音楽

そうなの!?

本日をもって、ポルトガル語初期講座が終了した。
実は私、この講座は半年コースだとばかり思っていた
(ずいぶんお手ごろ価格だなあ…)
そりゃそうだ。
今日、最後の5分で最終回と知り、あれま、とため息をついた。

さてさて、その最終回でのお話。
「文章問題ばかりじゃ、飽きちゃでしょ??」
今日のプリントにはブラジルの歌の歌詞が載っていた。
ブラジル人の先生はCDを取り出した

スローテンポのボサノバ、これなら歌詞を追っていける。
ふんふん、ボサノバはブラジルが発祥だったのか…

なんて思ってたら、先生一言。
「でもボサノバに愛着持っているのは、リオの人だけなんだよねぇ…

えっ、今なんて!?

「ボサノバって、リオのことを歌った歌なんだよねぇ
つまり、日本でいったら地方民謡(もうちょっとしゃれているが)みたいなものなんだと。

そうなの---!?

先生はリオ出身じゃないから、あんまり愛着ないんだって。
へえ~、ボサノバがブラジル音楽ってのを今日知ったのに、その1分後には”リオの音楽”って更にカテゴリが狭くなって、今日は、へぇの日でした。
[PR]
by jeepway | 2004-12-16 22:33 | 音楽