たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

安上がり?

バイト終了後、電車の時間には、まだ余裕があった。
すると、常連のお客さん、自分のワインボトルを私に向かって掲げてくれた

いっただっきまーす!!

さっそくグラスを用意して、ありがたく、一杯いただいた。


アルコールにはめっきり弱い私、が、嫌いではない
実は、先週も常連さんに一杯いただいた。
そのとき、何の気もなしに店の赤ワイン用のグラスを差し出したところ、あろうことか彼は気前よく、なみなみと注いでくれた。

(……こんなにたくさん飲めるだろうか?)

お酒好きなら、ブラボー!!と喜ぶところだが、お酒に弱い私にしてみれば、山盛りのチョコレート(甘いものも好き)が目の前に差し出されたようなものである。

案の定、半分も飲まないうちに、身体はポッポと温まり、なんとなく、ふわふわした気分。私としては、この辺りがいい感じの酒量である。
しかし、まだ半分!!
いただいたものを途中で止めることもできない。電車の時間も近づいている。彼が横を向いた瞬間、(ゴメンナサイ!!)…私は、残り半分を一気に飲み干した

満面の笑みを浮かべた赤ら顔でご挨拶をして、駅へと向かった。
さあ、ここからが大変だ。
最後の一気飲みが効いたのか、いい気分をとっくに通り越して、ねむい!!
酔いを覚ますのには最適な、適度な寒さの外気。
しかし、”ねむい”に行き着いた私の身体の前に、そんなものは無力だった。
やっとたどり着いた我が家のベッドに速攻もぐりこんだ(朝まで爆睡)。


喜びと、その後の苦悩
先週の体験を踏まえ、今週の私は、一番小さいワイングラスを手に取った。
お酒大好きな常連さんは、戸惑っている。
     
客「それでいいのか??」
jeepway「これくらいがいいんです!!(力説)」

すると一言。
「安上がりな女だな~」

なぬ~、そりゃそうだけど、その言い方はいただけない!!
他の言葉を探さねば…
[PR]
by jeepway | 2004-11-06 22:27 | 日々徒然