たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

便利な言葉

これは、便利な言葉である。

Tamam(タマーム)
トルコ語で「大丈夫」てな感じの言葉である。語尾を上げれば疑問形、下げれば断言。どっちにも使える上に、覚えやすい。最初に覚えた言葉だった。

イスタンブールから、世界遺産の街・サフランブルにバスにて移動。
宿を引き払い、バックパックをしょって、今日はバス泊。
バスターミナルまでのシャトルバスを、街の旅行代理店で待っていた。

…来ない

お迎え時間から、20分は遅れただろうか。まだ来ない。私も、のんびりゆったりのトルコ時間に慣れ始めていた。30分、ありでしょう。40分…。???。
そして50分後、バス会社に電話した。

…明日だと思ってただぁ!?
すぐに来い!!


20分後、白いワゴン車が横付けされた。
車はでかいが、乗っているのは、トルコ語しか話せない陽気なおじさん
バスの時間は迫っている。今日のバスに乗れなければ、今日はどこで寝るのだ!?
すぐさま飛び乗り、Let's Go!!

とにかく急いでくれ!!
ほんとに間に合うの!?


言いたいことは、山ほどある。不安が胸に突き刺さる。
しかし、トルコ語がわからない私と、全く英語もわからない陽気なドライバーのおじさん、話が通じる訳がない!!

出発したところで、どうにもこうにも、不安は治まらない。
しかし、伝えるべき言葉は見つからない
車内には、トルコ語の歌が、響いていた。
どうにもならない私は、節に乗せて日本語で叫び始めた!!

ちょっとー、ほんとに間に合うの!?
遅れたらどうしてくれんのよー!!
ちょっと、あんた、まじめに運転してんの!?
遠回りしてんじゃないんでしょうねぇ!?


思いつく限りの不平不満、不安の日本語を、大音量のトルコ歌謡に対抗して、大声響かせた。

すると、どういうことか。
オジサンは、私が楽しんでいるかと思ったのか(違うだろ!!)、ワッハッハ、と大笑いを始め、私の肩を組み、横揺れしながら歌い始めた…

おいおい、間に合わなかったら、私は泣くぞ…

陽気なおっさんの横で、半泣きの私は、覚えたてのトルコ語で問い掛けた。

「Tamam???(消え入りそうな声で…)」

オッサン、一瞬戸惑った後、感激
私の肩に置いた手に(運転しろよ!!)、更に力が入った

「Tama~m!!!hahaha!!!」

これ以降、会話は Tamam?Tamam!! で成り立った。

しかし、バスターミナルに着いて、バスに乗るまで、安心などできたものではない。
これぞ、気休めにもならない気遣い

しかし、何故か無事にバスターミナルに到着し、見事サフランブル行きのバスに乗れたときには、2時間近く遅れたのに、出発に間に合ったバス事情に、トルコの懐の深さを感じた。

以降、大量の Tamam? を連発しつづけた私。
同じ程の Tamam!! を返してくれたトルコの人々。

どっちもどっちじゃ!!
[PR]
by jeepway | 2004-11-04 22:47 | 旅行