たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

はまる

ことの起こりは、今日の私のにある。

靴を購入する際、第一条件に挙げるべきことは「履き心地(*注1)」である。
足へ負担の掛からない、歩きやすい、そんな靴を選ぶべきである。

だがしかし、現実問題として、私の前に高くそびえる「その他の条件(*注2)」が、毎回毎回我先に、とばかりに顔を出し、第一条件を軽くふっとばし、「ご購入」の座を、勝ち取ってしまうのだ。今日の靴(*注3)も、典型的「その他の条件」で登場し、見事ご購入。履き心地なんてどこにあるんだい?といったものである。

さて、この靴、よくやらかしてくれる事態がある。
ミソはピンヒール

はまる。

ピンヒールが、階段で段にはまる、敷石の継ぎ目にはまる、マンホールの溝にはまる、1cmの隙間を見逃さず、はまる、はまる、はまる!!

そして、簡単にはまるくせに、簡単には抜けない

靴ははまったまま、私の足だけ先に進む(次の一歩が裸足になる)、はたまた、はまった足が先に進まない(つまり、歩幅を保ったまま、歩みが停止する)。
私はこれで、何度か後ろを歩く人に追突された(そりゃするだろうよ…)。
しかも、足を引き上げただけでは、抜けないことも何度もある。
そういったときは、その靴を一旦脱いで、傍らにしゃがみ、手に持って、引き抜くのである!!

こういった事態に、何度遭遇(他人事のようだ)したことだろう…?
学習して、次回購入計画の靴はピンヒールを外すのだろうか!?

いやいや、やはり、「その他の条件」は、万里の長城のように、私の前に高く険しく、ゆるゆると、立ちはだかるであろうよ、ハハ…


*注1「履き心地」
靴こそ高いものを買え!!誰が言ったか知らないが、間違ってはいないであろう。
ばんびろ(漢字はわからない)甲高の、典型的日本人足の私に見合う靴はいつになったら現れるのだろうか…?(最近の私好みの靴の中からは決して見つからないと思われるが…)
また、少々歩かないことには、履き心地は体感できないものである。靴を試足して、1時間くらい貸しておいてくれる靴屋はないものであろうか?(本気)
*注2「その他の条件」
・外見(流行)・財政状況・購買意欲  などなど、言ってみれば「見つけたときが欲しいとき」。要は、私の心の問題である。

*注3 今日の靴
・先が非常にとがっている・甲の幅が非常に狭い・片足だけきつい・ピンヒール  つまりは「履き心地」を、全く無視した靴
[PR]
by jeepway | 2004-11-01 22:36 | ファッション