たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

幸せの一歩目

行ってきました、バリ島・バカンスツアー。
いや~、ほんとよかった。
貧乏旅行ばかりしてきた私にとって、なんとも不釣合いな今回の高級ホテル。
でもしかし!!
予想以上に快適な暮らしに、思わず埋もれてしまってきました。

何がよかったて、そりゃ、言い尽くせないけど、最初のラッキープレゼントには、空港で遭遇した。

新幹線で到着した名古屋駅から空港バスに乗って30分。
このバスは、実際混んでいた
しばらくしてから気が付いた。8割の人たちは、国内線で降りた。
そう、お仕事の人々だ…!いってらっしゃ~い♪
ここで、少々優越感。だって私は遊びに行くのだ

国際線まで乗った人々は、私たちを含めて、5,6人。
チェックインタイムを少々過ぎていたので、急いでカウンターへ。
荷物検査の際には、係員が手招きするほど、人がいない
指定されたカウンターには、誰もおらず、ほんとにここでいいのかも疑わしい。
うろうろしていると、やはりカウンターからお声がかかる
何も言わなくても、
「窓側の席、お取りしました~」
サンキュー!!

私のごきげん度がアップした。


予想以上にスムーズに進んだチェックイン。
気分がよくなった私は、おなかが非常に空いてきた
上階にあるレストランにて、ホットケーキなるものを久々に食した。
滑走路が見えるカウンターもがらがら。
出国前にこんなにゆっくりできるなんて、めったにない。
ここへ来て、更に私の満足度は上昇する

そろそろ行こうかなぁ。
出国前にはもう一度、荷物検査がある。
そのゲートが目に入ったとき、私は思わず走り出しそうになった

ゲート前には、誰一人、いないのだ!!

前回のGW、30分近く並んだ景色は嘘のようにナリをひそめ、そこにはただ、ゲートと係員がいるのみである。
幸せをかみしめて、荷物検査を通過した。

ブラボー!!

そして進んだイミグレ。
この広い空間に、私しかいないじゃないの!!

もう、これ以上は言うまい(充分言ってるけど…)。

いやもう、空いている空港が、こんなに幸せをもたらすなんて、思ってもみなかったわ。
しかも、これが、まだ、極楽生活の一歩目だなんてまさに夢のようだった。

いやはや、ついでに搭乗した飛行機ががらがらだったなんて、もう、サイコ―でした。

これって、一歩目です。
ちょっとの間、浸りたいと思っています…
[PR]
by jeepway | 2004-10-20 22:23 | 旅行