たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

風邪を引く

風邪を引いた。

先週末、ただでさえ冷房の効きすぎている会社の空調が、何を血迷ったか、さらに温度を下げてきた。外はすっかり秋めいているというのに、いまさら冷房をかけようという、その心積もりが理解できない。
しかも、各部屋ごとで調節できるような仕組みにはなっておらず、管理会社の決めた空調温度に対して、①文句をいう、②自己防衛をする、この程度のことでしか、私にはしのぐ方法はない。
しかし、こんなにも冷え切っているのは、私のいる事務所だけらしく、隣の会社の人々は、口をそろえて「暑い暑い」とほざいている。そうか、私の会社が(いろいろな意味で)寒いのだ。

①文句をいう に対しては、言ったところで、「他の方がねぇ…」と、警備員のじい様方に、やんわりと、また、余分な仕事を増やすなとばかりに却下される。

つまりは、私にできることは、②自己防衛 のみなのである。
そのため、私のロッカーには、夏冬関係なく、ひざ掛けとカーディガンが常備してある。
夏から秋に向け、管理会社の怠慢が顕著になるこの時期、私はこの2品でもって、理不尽な空調に対抗しなくてはならない
しかし、これはあくまで会社に出社してからの対策であり、私の対策は、自宅を出る、その服装から始まっている。つまり、会社のカーディガンだけでは寒さをしのぐことができない場合は、もともとの服装が大事になってくるのだ。外気が暑ければ暑いほど、ビル内の空調は激しく冷える。これに対抗するためには、家を出るときから、タンクトップ→半そでカーディガンを着用し、会社に着いた時点で、長袖のカーディガンをさらに重ねるのである。

そこまで考えて出社しているというのに、それをさらに上回る試練を、管理会社は強いてくる。
今週末、台風の接近で、かなり冷え込んでくると考えた私は、ロンT+スウェットとかなり厚着で出かけたつもりだった。
そこへきて、何を血迷ったのか、冷房をがんがんかけてくる。私はスウェットの下にいつものカーディガンを着込み、対抗しようとしたが、寒くてたまらない。科学の力も前には生半可な対策では対抗しきれない。帰る頃にはせきが止まらなくなっていた。

今回の空調に関しては、他の人々からも苦情が出た。
いつも、会社の女性のみが寒い寒いといっているのに、今回は、男の人まで言い出した。

何考えてんだ、管理会社!!!

結果として、私は風邪を引いた。
めったに風邪を引かない私が、風邪を引く場合の原因は「寒いところに長時間いる」、これ以外には覚えがない。そう、これ以外には、私が風邪を引く理由はない(断言)!!

どうしてくれるんだよ~。
せっかくの3連休、ひたすら寝つづけてるんだぞ~
全部、会社のせいだ~
ちくしょ~
[PR]
by jeepway | 2004-10-10 18:53 | 美容と健康