たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

荒野のjeepway

先日、肩から首にかけての筋を傷めてから、(未だに)治らない(もう泣きたい)。

このまま治らないんじゃないか!?
ものすごい病気なんじゃないだろうか!?


日に日に不安が増大していくばかりである。

その間、暖めてみたり、適度に運動やストレッチをしてみたり、
最後の手段で、針灸院に通い始めた。

しかし、事態はすぐには変わらない…(トホホ…)

朝起きるのに苦労する(痛くて起き上がれない…)。
昨日よりは楽かな…なんて気を抜いていると、
通勤中に感じる背中のハリ。
そう、(多分)仕事に行く緊張感が、背中で反応している。
そんなに反応するものなのかと、自分自身に驚愕した(ちょっと大げさ)。

会社では更に辛くなる。
季節は秋というのに、ビルのエアコンは最高潮。手の先・足の先が凍りつく。
文字を書こう下を向くと、頭がずきずきする。
長時間のPC作業で肩には激痛が走っている。
ときには、腕に痺れが走る。

そして周りを見れば…
在籍人数は6名。
余分な言葉は何もない、そう何も。
隣の人は呼んでも返事をしない。
話し掛けても答えは返ってこない…

あやうく泣くとこだった(笑)。
このまま治らないんじゃないか、と思ってしまった。
そう思わせるだけの激寒の空気が、職場には漂っている(あくまで私見)。

定時を待って片づけて、逃げるように(っていうか逃げて)会社を出る。
すると、どういうことだろう。
背中のハリは徐々に緩まり(気分)上を向いて歩いてみる。
ウォーキングに行けば、更に緩まり、明日こそ、元に戻るといいなぁ、なんて思ってみる。

しかし、そうは問屋が卸さない!!(ちょっとべらんめえ)

翌日、目が覚めると同時に引き戻される、地獄の痛み。
毎晩、ベットを前に悩んでしまう。…寝るべきか、否か!?

ムリムリ(即答)、そんなことはムリなので、ある意味虚脱感を持ってベットに入る。
「朝、起きると、元に戻ってるんだよね…ははは…(涼しい、かなり寒い笑い)」
(しかしここ2.3日は上以外を向いて寝られるようになった!!)

朝、不安の中で出発し、日中絶望の淵に立ち、地獄を見る。
夕刻なんとか持ち直し、就寝時に腹をくくるが、待ち受けるその先は、相変わらずの荒野…

早いとこ、抜け出したい…
[PR]
by jeepway | 2004-09-30 23:27 | 日々徒然