たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

嵐の夜

いつものようにノンビリとしていた夕食後、それは突然やってきた。

何やら玄関が騒がしい。
母と二人、覗いてみたその先には…

酔っ払いが二人。

父と、その友人、かなりいいカンジに酔っ払って我が家へなだれ込んだらしい。
二人はそのままのテンションで、我が家へ上がり込み、
そんな二人の来襲に慌てふためく私と母に向かって、ここへ座れ!!とのたまった。

二人は、お互いビールを飲んで、つまみを食って、言いたいことを勝手に言っていた。

そして、私の不安…(母も思ったに違いない!)
(これは、いつまで続くのだろうか…?)

そんな私の不安もよそに、一時間ほどで帰ると言い出してくれた(ふう)。
ほっとしたのも束の間、父が言った。

「j、送ってけ!!」まじっすか?
続いた言葉は、
「俺は行かねー、家は聞け!!」おいおい…(怒)

さすがにそれはまずいと思ったのか、父も同行した。
しかし酔っ払いはただでは帰らない。
さんざん、訳の分からない道を示し、たまりかねた私は一言

「右ですか?左ですか?どっちですか???(怒・最高調)」

その後、素直に自宅までの道を言った。
まったく、困ったもんだわ。

彼を何とか無事に送り届けたその後は、行った道を帰ればいいのだが、そこは夜の山の斜面にある住宅地(のてっぺん)。
ここかな?そこかな?と迷っているうちに、とにかく下ればいいはずだ!!、と父に諭され出た先は、山を越えた反対側の道だった。
家に帰ると、母が一言。
「どこまで行ってきたの!?」
私が知りたい…(涙)

ただでさえ、体力消耗が激しい今日このごろ(筋の激痛と毎日戦っている)。
酔っ払いの相手は(しかもこちらはシラフ)さすがにしんどかった。

そして、昨日の夜中には、台風もやって来た。
二度あることは三度ある?
あ-コワイコワイ。
[PR]
by jeepway | 2004-09-30 23:18 | 日々徒然