たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

旅支度は一大事?

旅行は大好き。

特に盛り上がるのが、パンフレットやネットを見て、いかに楽しく、はたまた安く、より快適なものを発見できるか??これに尽きる。
旅行会社なら旅行会社の、Webの会社ならそこの、どこの会社も、一長一短がある。
それを吟味し、その時々の自分の旅行スタイルに合ったものを探して、選ぶのが楽しいのである。

今回、バリ島に行くことになった。
バリ島はかねてからのあこがれの土地だった。
そして、毎回毎回、東南アジアはバックパックで安宿暮らしをしていたが、バリ島は違う!!

リゾートよ、ヴィラよ!バカンスよ!!

こういったテーマだった(わかってほしい、この感覚)。

同行者(スポンサーとも言う)は母。
Thank you さえ危うい、しかし、英語でしゃべらナイトを欠かさずチェックしている、典型的な中高年(既に高齢者の域に入るのか??)。外国人をみれば、近寄られる前に全速力で逃走しそうな人物である。
外国には行きたい、でも一人で行くことはできない、そんな気持ちを持ちつつ、目の前には、外国に行きたくてたまらない、しかしお金と暇がない、気の置けない娘がうろうろしている。
そう、お互いの利害が一致した。
はたして、この旅行が計画されたのであった…

計画、実行は全て私の分担。母は、希望を述べるだけである。
私は外国が好きとはいえ、所詮高校英語の範囲内。しかもHelloもおぼつかない母が一緒である。全てお任せ・楽チンパックの、国内最大手、JTBを訪れる。
さすがである。カタログ・内容もよければカウンターの社員の方々の対応もすばらしい。痒いところに手が届く、日本人なら泣いて喜びそうなサービス満点である。
一気にこちらに傾きそうになった矢先、私のweb環境が劇的に向上した。
そう、ネット上の旅行会社に、戯れに見積もり依頼を出してみた。

もしかして、安い…???

そう、サービスはもちろん違うが、基本項目が同じなら、1割2割は安いのだ。
バックパックで格安航空券を求め続けるバックパッカーには、まぶしいことであった。
さっそくネットの方で話を進めてしまった。(←浅はか)

しかしここで、苦難に出会う。
連絡は、メールである。昼間は当然のことながら、会社勤めをしているため、夜、メールをチェックする。すると翌日の昼間にネットショップから返信がくる、つまり、なかなか話が先に進まないのだ。せっかちな私は、ものすごく、もどかしかった。
しかも、第一希望の日程で、飛行機は取れるが、希望のホテルがとれない、というなんとも宙ぶらりんな状況に陥った。
どういうこった!?ホテルがなきゃ、現地で宿探しかい!?
私はいい、大丈夫(自信満々)。大量の荷物を抱え、訪ね歩いて探すのも、たとえバリの安宿でも、他の東南アジア諸国に比べたら段違いにレベルは高い。しかし、母にはムリだろう。何といっても、今回の旅行テーマに安宿はありえない!!!(再確認)
ネットショップからは、「ホテルからの回答が来ない」という理由だけで、連絡すら来ない。
呆然・憮然の私に、隣の友人Bは言った。

「カウンター(JTB)行くか、直接ホテルに聞いちゃえば??」

その手があったか!!!(早く気づきなさい、ありがとう、B)

価格面でJTBさんとは折り合いが(一方的に)つかなかったので、ホテルに問い合わせをすることした。どっかのHPにリンクがあったはずだ…探し当てたそこで発覚したことは、日本語サイトだけど、問い合わせは英語で、の表記だった。

しかし、走り出したら止まらない。
私の”灰色の脳細胞”byポワロ(と高校時代の辞書)を駆使して、かなりつたない、受験生が見たら嫌悪するかのような英文を、そりゃ!!とばかりに送ってみた。
すると…!!

あまりに長くなりそうなので、続きはまた今度。
こんなに詳しく覚えているなんて、よっぽど楽しかったんだろうなぁ。
自分の事ながら、しみじみそう思うよ。
いやあ、楽しかったよ、ほんと。
[PR]
by jeepway | 2004-09-25 01:05 | 旅行