たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

筋違い

本日、首の筋がおかしくなって、挙動不審な私です。

事の起こりは、ランチ。
隣の友人Bと共に、ちょっとリッチなフレンチのお店へ出かけた。
日ごろから、姿勢が悪いと自覚していた私。向かい合うBを見ると、彼女の背筋は伸びていた。そこで自分を見返すと、無意識に、おなかに力のいらない猫背になっていた。

心の声… (これはいかん!!)

さっそくその場で、ひそかに姿勢矯正を始めた。
何もないかのように話続けるBと私、水面下では、jeepway姿勢改造プロジェクトが遂行されていた…
しばらくすると、妙に肩が凝ってくる…
あれ???

しばらく放っていたが、だんだんひどく重くなってくる。
なんだなんだ???

Bとはさっきから、くだらない話で盛り上がっている。彼女は私のプロジェクトのことなど露ほども気づいていない。しかし、身体に感じたこの異変、Bに言わないわけにはいかない(言わずにはいられない)。そこで、思いつく限りの根拠を出してみた。

①昨日、美容院に行った際に受けた肩もみマッサージが原因説
まれにあることだが、マッサージを受けた直後は非常に心地よい快楽を得るのだが、のちのちそれが原因で肉体に何かしらの影響が出る、とする説(いわゆる「揉みかえし」)。

②昨日の夜、ウォーキングに行ったことによる筋肉疲労説
運動不足の人によく見られる症状である。典型的サンプルの私は、ウォーキングによる筋肉痛は日常茶飯事、ストレッチによっても引き起こされる症状である。

この時点で、私は秘密プロジェクトのことは眼中になかった。
忍び寄る肩凝り。
最上級(最強級?)のそれを経験した私にとっては、どこまでひどくなるかわからない、恐怖の階段を上っているようなものであった。

しかし、上記2項目はあくまで昨日の話。
どうも信頼性に欠けるということで、あえなく却下された。
ならば原因はどこに…?

…はっっっ!!!

もしや!!!もしやこの秘密プロジェクトが原因か!?

姿勢を正すために、背中に意識を回し、変に胸を張り過ぎないように、肩甲骨のあたりにも気を配った。日ごろ(全く)使っていない筋肉に、ヘタな指令を出したため、他の筋にこれまたヘンな影響を及ぼしたとしたら…!!

霧が晴れたかのように、目の前が明るくなった。
さっそくBに説明すると、彼女もまた即、納得した。よかったよかった。
えてして、無事に難問も解決してランチが終了した。
そしてその後…

原因がわかり、すっかり気を良くした私。あちこち回って自宅へと舞い戻った。
そして、本日二つ目のイベント(?)デジカメのソフトダウンロードとブログのカスタマイズ。
PCオンチの私は、Bに教えてもらいながら、快適なPCライフへの道を開拓するはずだった。
しかし、ここへ来て、先ほどの不安が現実のものとなってきた。

そう、先ほどの肩凝りは、もはや肩凝りではなくなっていた!!
左の肩から首にかけて、明らかに、寝違えたかのような筋の痛み。
その上、その痛みの先は、頭部へと広がり、偏頭痛(推測)が併発している。
もはや、思考することはは不可能となっていた…

そう、原因がわかっても、対処法がわからなければ何の解決にもならない

まさにその通り、原因究明に熱中するあまり、どうやったらこの痛みを緩和するのかを考えなかった私は、その後も相変わらずプロジェクトを意識し続けたのである…
なんておバカ…

B宅から舞い戻った私は、ひどい偏頭痛(推測)のため、しばらく横になった。気づけば20:00。もしかしたら、と浅はかな期待を胸に、起き上がったらさあ、タイヘン、首の可動角は30度を切っていた。
もうこれはどうしようもない。
経験者の母曰く、
「治るのにはそんなに日にちはかからなかったはずよ…」

時間、じゃなくて、日にちかい!?
言われてみれば、寝違えたときも、何日か不自由な生活を送ったような気がする…

だけどねえ…
寝違えたのならまだしも、起きていて、しかも自分で意識して筋を違えちゃったなんて、ほんと、どこにもこの思いをぶつけていいのか…ほんとトホホだよ…

この症状、いつになったら治るのだろう?
そして私は、2度と姿勢矯正のプロジェクトを遂行しないのか?
いや、多分、またやるであろう。学習する生き物の私であっても、姿勢よく、前を向いた人でありたいと願う、精神だけは変わらないはずである(だったらもっと早く姿勢は治っているはずだが…)。

しかし、私の理想に、私の身体はついてきてくれるのだろうか…?
[PR]
by jeepway | 2004-09-19 23:37 | 日々徒然