たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

姑獲鳥(うぶめ)の夏  京極夏彦 (講談社)

最近、突然涼しくなった。
そこで思い出したのが、これ。
確かあったはず…!!とあちこちひっくり返したら、あったあった。

読むのは何年ぶりだろう…
なので、話もすっかり忘れていたので、新鮮だ。
しかし、読み始めると、はまるはまる。
私の傾向として、良くも悪くも読むものに非常に影響される。
こんな考え方があるんだ、と感心してしまうのだ。
(悪く言えば、自我が薄い)

いつもどおり、結末がどうなるのか知りたくてたまらない私は、
ひまさえあれば読みつづけ、今日の帰りにサンマルクで一気に読み終えた。

今日の気候は、結末によい塩梅だった。
[PR]
by jeepway | 2004-09-16 22:51 | 読書/tv/映画