たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

エターナル☆サンシャイン

まず、ロマンティックな感想として、

『人は、同じ恋に、何度でも落ちていくものですな…』

何といっても、ケイト・ウィンスレットがよかったです。
やっぱり”タイタニック”のイメージがずーっとあったんだけど、すっかり忘れてしまいました。クレメンタイン(ケイト)は、ちょっと極端で、でも、よくわかる、誰にでもある”特性”を、ごちゃ混ぜにしてぶっ飛んだキャラなんだけど、ケイトは普通に感じさせてくれました。だって、観てれば観てるほど、彼女がかわいく愛しく見えてくるんだもん。きっと、自分の中にいるそういう自分に対して感情移入したんじゃないのかな、私は。
かわいくない、って泣いちゃうときには、ジムキャリーに代わって、「そんなことないぞ!!!」と言ってあげたくなってしまった。(余計なお世話…)

でもってジムキャリーが、冴えない男で、ほんと冴えなくて、でも、じっくりみたら、だんだん、あら、もしかしてかっこいいんじゃないの???てな感じで、クレメンタインはインパクトが強すぎたから、最初っから惚れてしまったけど、ジョエル(ジム)の方は、じわじわ、じわじわきて、がんばれ!!ジョエル!!(ジムの役名)と言う感じでした。ま、駅で走り出した時点で、どきどきしちゃったけど…

観終わって気になることが一つ。
途中、あの子(スパイダーマンの彼女)が朗読する引用、あれが結構意味深なのに、2個目の引用がよく思い出せない…原題に通ずるものがあったはずなんだけど…


あと、ついでにリアルな感想として、

『映像に、酔ってしまいました…』

こればっかは、生理的な問題なので、どうにもできません…
気になることはあるし、話も、すっごい好きで、俳優もみんな大好きなんだけど、あの船酔い気分をもう一度味わうかと思うと、リピートは勇気が要ります…

世の中って、不条理
[PR]
by jeepway | 2005-04-12 00:36 | 読書/tv/映画