たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

月が輝く夜だから

残業続きの今日この頃。
ハードもソフトもなかなか厳しいこの会社、駐車場は会社の前の道路際というのに、足元が見えないほど真っ暗(何故??)。かなりへろへろになりながら帰途に着いた。

いつもの帰り道。
信号の少ない海岸沿いの道を、ボーっとしながら(しちゃまずいんだけど)運転していてふと気づいた。

(なんか明るいぞ…?)

右手の海を見てみると、月の光が海に反射して、きらきらと光っていた。
少し身体をかがめて夜空をのぞくと、そこには満月が光っていた(月齢14.0)。

少しだけ、浮上した。
のに、余計なことを思い出してしまった。



遡ること数年。

当時付き合っていた彼と、車で海岸線を走っていた。
おもむろに彼は車を停め、宣言した。

「ちょっと、海、入ってくる!!」

時は真冬の真っ最中・1月の満月の夜。
彼が光あふれる海へ消えたと同時に、私は帰った、歩いて。


思い出は、消えないねぇ…
いや、消したいわけじゃないんだけどね。

エターナル・サンシャインが観たいです。
[PR]
by jeepway | 2005-03-25 22:49 | 日々徒然