たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

陰陽師 太極ノ巻  夢枕獏 著 (文芸春秋)

いつものように始まり、いつものよう終る。
このシリーズの、語り口はそう、下世話に言えば、マンネリ。
しかし、それもまた、魅力。
まっすぐな博雅と、暗い部分を見つづける晴明。
二人の間に流れる空気は、憧れである。
私は今回が初めての霧子姫。
瑠璃姫を思わせる、古典ではなかなか登場しない素敵な姫。
道満さんが、敵に回らなかったので、安心して読んでいけた。
知らない間に、何冊か出ていたらしい。
探さなくては…
[PR]
by jeepway | 2004-09-07 22:52 | 読書/tv/映画