たまにはこんな景色の前で、立ち止まってみるのもありかな


by jeepway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

化粧品カウンターへGO!

どんなものでも、なくならないと購入しない、典型的後回し人間の私。

今回は、女の命(の一つ)・ファンデーションがなくなった。

’買い置き’という言葉は辞書にしか載っていない。
その上、すぐに他のものを試したくなるミーハ-心が邪魔をして、リピーターになるのがこれまた難しい。次は何を使ってみようかな?なんて思っているうちに手持ちはがんがんなくなり、気がつくと、手持ちはなくなるわ、次に使うものは決まってないわで大騒ぎ。熟考していたつもりが、何てことはない、目の前にある商品に手を出すのである。

これまでにも、いろいろと試してきた。
デパートのカウンターから街の化粧品屋、ドラックストアにサロン専売、通販・・・。しかし、私の心をガツンとつかんで決して離さない、そんなパンチのきいた商品には未だかつてめぐり逢えた試しはない(しみじみ)。

今回の商品は、実は、8月中旬には既にすっからかん。これはヤバイと気づいたその日、早速本屋へ向かった。まずは雑誌チェック。(←この辺が急いでなさそう…)
フンフンとうなずきながら、いくつかに的を絞る。

次に向かうのは、そう、化粧品のカウンター♪

メーカーはもちろんのこと、カウンターのお姉さんがいい人でなくてはならない。
これが重要。
同じメーカーが、○坂屋と伊○丹にあるのなら、あたりのよい方での購入は当然である。
早速向かったその先で、いつものようにお願いする。

「あのー、ファンデーションのサンプル、ありますか?」
(ファンデーション、の部分が、化粧水・美容液にその都度変わる)

大抵の場合、これでオッケー。指定しなければ、その時のお勧めを、きっちり選んで出してくれる。そうでないところには二度と行かない。

平日の夕方、仕事帰りにデパートによると、そりゃもう、切ないくらいに人がいない。(都心では有り得ない光景だろう…)そんな中、化粧品カウンターのお姉様方は、本日の締めに追われてる。そんな時、たかが「サンプル!?」って態度にでる人もいる。

だったらそんな所は、やめといた方がいい。

その後の対応だって、気分次第で変わりそう。確かに、もうすぐ定時で仕事が上がる時、売上にならない人を相手にするのはそりゃ苦痛だろう。しかし!その時もらった試供品が、今後の売上になるのかもしれないのだ。

化粧品は、きれいになるためものなんだから、気分よく、購入したいではないか!!

たまに、他の商品のサンプルもくれたりする。ラッキー。
友人や母いわく、
「カウンター行くと、買わなきゃ駄目じゃない??」
お姉さんを見て、買わされそうなところには、私は近づかない・・・

さて、これが、約1週間前の話。
この時もらったサンプルが、結構気に入ったので、そちらをご購入予定。
そう、予定。
発売は、9/4だそうな。

それまでこの意志を、貫くことができるだろうか…?
[PR]
by jeepway | 2004-09-01 23:33 | 美容と健康